« 哀情 | トップページ | 誰が、誰もが。 »

2006/12/20

渋谷に底引網漁を見た

先日渋谷に、“つないだ手を絶対離さないカップル”がいた(前を歩いていた)。

年は20代前半。
2人で仲良く手をつなぎ、楽しそうに語り合いながら、大きく横に広がり歩く。

場所は繁華街。
そうなると必然的に、前から来る人の行く手を遮ることになる。
しかしそれでも、カップルはつないだ手を離さない。

向かう人々は次々と、2人の間で立ち往生。
それはまるで底引網漁のようであった!


そんな手と手の網に引っかかった魚達(おじさんが多かった)は、不快な顔を浮かべながら、しぶしぶ2人を迂回して通り過ぎるのだ。

そしてその度に2人の漁師は、「しめしめ。」「絶対この手は離さないもんね〜。」とでも言うかのように、見つめ合い、含み笑いを浮かべるのであった。


しばらくすると前から、30代半ばくらいのスーツ姿の女性が歩いてきた。
早足で、急いでいるようだ。

前には例の“底引網”が迫り来る。

獲物は網の存在に気付いているのかいないのか…その歩むペースを落とそうとはしない。

「あぁ、きっとこの人もトラップにかかって、怪訝な顔をしながら足を止めることになるんだ。」

そう思っていると、次の瞬間、女性は両腕を縦に前にかざし、ものすごい速さに自身を加速させながら網に突進!

そして決して切れないと思われていた網をつきやぶるや、そのままの勢いで町の喧騒に消えて行った…。
すごい迫力!それはまるで、ダブルクローズラインをはね退ける、佐々木健介のようであった。


さて。自慢の網を破られた漁師、ことカップルはというと…同じように見つめ合い、「負けちゃった。えへへ。」とでも言うかのように含み笑いを浮かべるだけ…やっぱり勝者は結局、この2人だったのかもしれない。

猛進!

|

« 哀情 | トップページ | 誰が、誰もが。 »

「イラスト」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前から来る女性の描写があった辺りから,わたしの中で女性への期待がありましたが,果たして彼女は,わたしの期待通りに網を断ち切ってくれたのですね。

わたしも昔,2,3回,真ん中を横切った事が有りますけどねー。あ,別に僻んで,じゃなくて単に邪魔だったんで(* ̄∇ ̄*)。
両腕も出さずに普通に横切っただけだし。w

まあ,でも結局は「ふ~たりのため~♪せーかいはあるの~♪」と言う事でしょうね。www

投稿: みみ | 2006/12/22 15:56

こんばんはー。

若い2人の世界は、強固ですよ。

その女性の心情は定かではないですが、私も何への嫉妬だかはわかりませんが、“制服カップル”とか見ると無性にジャマしたくなったりします…。
でもそんなことしたところで、2人の世界は崩せないんだなぁ…。

もう「若い」とか言葉を使ってる時点で、負けてますかね…。

投稿: かんげ | 2006/12/22 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/13132262

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷に底引網漁を見た:

« 哀情 | トップページ | 誰が、誰もが。 »