« 『功名が辻』、クライマックスへ。 | トップページ | 美女とカブトムシ »

2006/10/03

人は悔恨と苦悩を繰り返し、生きるのか。

奇遇だなぁ!運命!?

何と私の誕生日は、あの仲間由紀恵さまの誕生日とちょうど…27日違いなのだ。
ちょうど…?


20代になったばかりの頃は10代を振り返り、
「あの頃は…青かったなぁ。」
と、後悔ばかりしていたけれども、

今度は20代後半になり、その前半を振り返ってみるとやはりそこには、
「あの頃は…青かったなぁ。」
と、悔恨の念しかないのである。

あの頃は…見識も懐も狭くちっぽけで、そのせいで私は、たくさんの人に迷惑をかけ、たくさんの人に助けられ、たくさんの人を傷つけて、そして今ここにいる気がしてならない。


はたして私は、40代になった時も、そして還暦を迎えた時も…“あの頃”という名の過去を振り返り、この思いを繰り返すのだろうか。

…今は大丈夫?
今の私は、未来の私に、「青い」と後悔され嘲笑されてしまうような人間に、なってはいないだろうか。
今の私は、誰かにおぶさって、生きてはいないだろうか。


同じような思いを来る日も来る日も抱きつつもただ1つ、ただ1つだけ、あの頃の私と今の私が違うところは、そんな後悔を重ね、このように“少しだけ多く考えるようになったこと”か。

かつての、けじめだとかこだわりだとか理想論だとか…「こうしなきゃダメなのに!」という一言論的苦悩は多元化され、様々な選択肢を前にし、ようやく“本当に悩む”ことができるようになった、そんな気がするのだ。


“ブログ同志”である新橋オヤジさまの言葉は、
「(40代の)オヤジだって、まだ苦悩しているよ。」

そうか…そうなのか…人は悔恨と苦悩を繰り返しながら生きるのか。

ならばなおさら、(少なくとも)考えることを、止めてはイケナイ。

物理的に年齢をまた1つ重ねた日、されどもそれに着いて来られない精神年齢に、喝を入れてみた。

実際は…大して悩んでいないのだ

|

« 『功名が辻』、クライマックスへ。 | トップページ | 美女とカブトムシ »

「イラスト」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かんげさん、どうもどうも。誰かに迷惑を掛けたり、誰かに支えてもらったり、ということはきっと誰にでもあることでしょう。それと同じように、誰かのためになっている、ということもあるのではないでしょうか?まぁ迷惑掛けっぱなしって人も中にはいますけどね・・・
肝心なのは、かんげさんの言うように「考える」ことだと思いますよ。「感じる」ってことも重要ですよね。人は感じたり考えたりしなくなったらおしまい、そんな風に思います。たとえ年取って病室で寝たきりになっても、何かを考え感じていたいなぁ、って思います。
偉そうに言える人間ではないですけどね・・・

投稿: 新橋オヤジ | 2006/10/04 03:01

子供の頃の自分が想像していた現在の自分、まず違うよね~。

大人な感じでは決して無いし、高校の頃と変わってない気がします。

私の精神年齢の誕生日はいつ来るのやら・・・、10年に1回来れば良い方だな、きっと。

誕生日おめでとう、1日遅れになっちゃったけど。

投稿: pop流まさお | 2006/10/04 04:29

♪Happy Birthday(と1日…)to you

お誕生日(と1日…)おめでとうございます。
ヒトはどんなに思い・感じ・考えてもまだ足りず…一生
をそうやって過ごしていくのでしょう。「まだまだ」と。

最近、思ったのはヒトはいつ動けなるのか…わからない
のだから、あまり多くを悩んだり考えたりし過ぎず、そ
の間の時間をロスタイムにしないよう、そして後悔なき
よう、日々を大切に生きないといけないんだな…ってコ
トです。

何事も過ぎれば及ばざるが如し。
「足るを知る」そんな境地に至るまで、ヒトはいったい
どれだけの時間を費やすのでしょうか。そんなコトを言
ってみたわたしは未だに「足るを知らない」ヒトですが
一生無知でも案外いいのかも…?なんて。

「知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」

かんげさんはどちらでしょう?
どちらにしてもこの1年(-1日)存分にHappyであり
ますよう…風邪をひいてもヒトにうつしませんよう…。
♪Happy Birthday(と1日…)to you

投稿: mouette | 2006/10/04 16:34

新橋オヤジさま、こんばんは~。

「はたして私は、誰かのためになっているのだろうか…。」
うーん、うーん…考えれば考えるほどわからなくなって“若者”のように自分の存在意義を確かめようと苦悩してしまいそう…でもここで、「まっいいか!」と思えるようになったのは、少し歳とったんだなーと思います。

まっ、いいか!

“考えること”は、何よりも大切なことですよね。
これをみんながもうちょっとすれば、もうちょっと何とかなることも多いような気がします。
答えが出ないことも多いですが、“そうすること”が、自分を育てるんです、よね?

投稿: かんげ | 2006/10/04 22:41

まさおさま、こんばんは~。
ドウモアリガトウゴザマス!

あの頃から見ていた今には、とってもとってもダンディでクールな大人の自分がいたのです。
だから今、あの頃を「青いなぁ…。」と思っている私の一方で、
あの頃の私が今の私を見たら、同様に「青いなぁ…。」とガッカリされるような気がします。

でもしょうがないんだい!

今それなりに、それなりに、楽しくおだやかに生きているもんねー。あの頃の自分を犠牲にしたおかげで。
結構がんばってるし、ね!
お互いがんばりましょう。

投稿: かんげ | 2006/10/04 22:49

mouetteさま、こんばんは~。
ありがとうございます!

「まだまだ。」と思わないためにがんばって考えて…でも決して終わることのない、「まだまだ。」…人は深いですね。
いや、終わることがないからこそ、考えて考えて、考え続けるべきなんでしょうかね。

時には悩み、時には開き直り、ステキに生き、ステキに歳は重ねたいものです。

男としては理想は“仁者”でありますが…今の私からは程遠く…うーん、まだまだ!

投稿: かんげ | 2006/10/04 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/12134367

この記事へのトラックバック一覧です: 人は悔恨と苦悩を繰り返し、生きるのか。:

« 『功名が辻』、クライマックスへ。 | トップページ | 美女とカブトムシ »