« トクトク「三浦半島1DAYきっぷ」ホクホク。 | トップページ | 私は背中のキレイな女性を尊敬する。 »

2006/08/16

目には目を

首相の終戦記念日の靖国神社参拝は、当日朝から一斉にニュースで流されていたのだけれども、去年に比べるとその行為を批判する声が格段に少なくなったように思われる。

これは日本のアジア離れが顕著になってきた証かそれとも、“どんな嫌な奴でも死んでしまえばいい奴になってしまう”ように、任期終了直前の小泉首相に国民が同じような気持を抱いているから、なのだろうか。


彼の登場以来、日本がどのようによく変わったのかはなかなかわからないけれども、上記のような思想やら宗教やら主義やら…デリケートで今まで絶妙な力関係でバランスを保っていたものが、おかしくなってきていることだけは確かであろう。


「目には目を〜」という言葉は、報復や復讐など今ではあまりよろしくない意味で使われているようだけれども、そもそも「身分や階級に支配されない平等な厳罰を」と“公平性に富んだ”意味を持つようだ。

そんなことを考えさせられるような、「言論」に「暴力」で報復するような悪しき事件が起こってしまう昨今は…とにかく世知辛い。

 15日午後5時55分ごろ、山形県鶴岡市大東町、自民党の元幹事長加藤紘一氏(67)の実家から出火、木造2階建ての住宅と隣接する加藤氏の事務所計約340平方メートルが全焼した。現場には、男が腹部を切って倒れていた。鶴岡署はこの男が放火した後、割腹自殺を図ったとみて調べている。男は顔や口の中などにやけども負い、意識がない状態だといい、同署は回復を待って事情を聴く方針。
 加藤氏はこれまで、首相の靖国神社参拝をめぐり「参拝すべきではない」「個人の心の問題と考えること自体、大きな錯誤であり、外交問題だ」など批判的な発言を繰り返してきた。小泉首相が参拝した15日もテレビ各社に出演していた。県警は慎重に関連を調べている。 (06・8・15『asahi.com』

|

« トクトク「三浦半島1DAYきっぷ」ホクホク。 | トップページ | 私は背中のキレイな女性を尊敬する。 »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/11496887

この記事へのトラックバック一覧です: 目には目を:

« トクトク「三浦半島1DAYきっぷ」ホクホク。 | トップページ | 私は背中のキレイな女性を尊敬する。 »