« くまぇりで~す。 | トップページ | コジ×G1 »

2006/07/12

ヤバいのかヤバくないのか

韓国の聯合ニュースによると、韓国の情報機関、国家情報院は12日の国会情報委員会で、北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の再発射の可能性について、当面は非常に低いと分析していると報告した。同委員会は非公開。出席したハンナラ党の鄭亨根議員が明らかにした。
 鄭議員によると、テポドン2号2基のうち、発射していない方の1基は咸鏡北道花台郡の発射場近くの組み立て施設に保管されているが、失敗に終わった5日の発射の技術的問題を解決するのに時間がかかると分析。発射作業に向けて設置されていた周辺のテントも撤去されたままという。
 一方、スカッドとノドンは8基の発射台を確認、3〜4時間内に発射が可能な状態で、いつでも発射はあり得るとしている。(06・6・12『nikkansports.com』

戦争を間近で体験したことがないのでわからないのだけれども、“戦争が開戦する時”というのはどういう雰囲気から起こるのであろうか。

国際的緊張が高まって高まって高まって…そして何かのはずみで風船が破裂するように、一気に事が起こってしまうものなのだろうか。
それとも穏やかな日々が突然、暴力によって破壊され、そうして報復の連鎖として事が起こってしまうものなのだろうか。


他国のミサイルが、自分達のすぐ近くに落ちた。
よくよく考えてみるとものすごく恐ろしいことなのに、何か自分達にも危機感が足りないのか…どうしていいのか分からない。

国連への北朝鮮制裁決議案・非難決議案も、もちろん許しがたい行為に制裁は行うべきだと思う一方で、平和憲法を持つ日本がどんどん武装化・武闘派へ変わりつつある(しかも他国の傘の下で)ような現状も恐ろしく思えて…答えが出せない。


戦争の経験など無いことに越したことはないのだけれども、私達は、“危機を察知する能力”だけは磨いておかかなければいけないのかもしれない。
そんな世界も、寂しいものだけれども。

(〈トラックバック〉●「北朝鮮安保理での非難決議。そして北朝鮮の行く末。」→06・7・17『ばくさんのかばんと旅ノート。』

|

« くまぇりで~す。 | トップページ | コジ×G1 »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/10997659

この記事へのトラックバック一覧です: ヤバいのかヤバくないのか:

« くまぇりで~す。 | トップページ | コジ×G1 »