« にわか | トップページ | 小汚いファッションリーダー »

2006/06/21

差し戻し

 山口県光市のアパートで99年、会社員本村洋さん(30)の妻子が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた男性被告(25=事件当時18)の上告審判決で、最高裁第3小法廷は20日、無期懲役の2審広島高裁判決を破棄、審理を広島高裁に差し戻した。
 浜田邦夫裁判長(退官=上田豊三裁判長代読)は「2審が死刑を選択しなかったことに十分な理由はない。責任は誠に重大で、特に酌むべき事情がない限り死刑を選択するほかない」との判断を示した。差し戻し審で被告に死刑が言い渡される公算が大きくなった。
 2審無期懲役を不服として検察側が上告した事件で、最高裁が2審判決を破棄したのは、連続射殺事件の永山則夫元死刑囚(97年執行)、強盗殺人事件で服役して仮釈放中に同様の事件を起こしたとされる被告(2度目の上告中)に続いて3件目。(06・6・20『nikkansports.com』

たくさんの真面目に生きる人達の中で…こうして考えるのも不快な最低の犯罪を犯した被告が、被害者遺族の要望通り極刑を受ける(公算が高くなった)という動きは、ごくごくまっとうなもので、まともに司法が動き出したような気がする。

しかし、ここまでに事件が起きてから7年もの歳月がかかってしまっているのは、いかがなものだろうか。
日本の裁判制度や比較すべきものもわからず、ただ無知な私ではあるけれども、さすがに1つの事件の裁判にこれだけの長い時間を要す現状の制度は、おかしいと思わずにいられない。


時間だけではない。
裁判にはお金もかかる。
そして何よりその事件が重ければ重いほど、関係者の心労は重なるばかりである。

上記の件の本村さんが、マスコミのインタビューを受けているのを見る度に、真っ赤な他人であるにも関わらず、見ていられないほど辛くなる。
彼に心の平穏は訪れるのだろうか。
少なくともこの裁判が一段落着かなければ、それは来ない気がするのだ。


多くの人々の思惑が交差するものが裁判であり、司法として慎重にその裁判を下す必要があるのもわかっているけれども、家族の命を奪われた人物が、その裁判を、自分の命を削って行っているのは、何か腑に落ちない。

(〈トラックバック〉●「昨日の光市〜」→06・6・22『本当のところどうなのよ?』
●「山口母子殺害*未成年の死刑問う判決(6月22日)」→06・6・22『雑な日記』
●「光市母子殺害事件。。」→06・6・21『!!叫びたい衝動!!』

|

« にわか | トップページ | 小汚いファッションリーダー »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
ごめんなさいでは済まされないことがこの世にはあるということを誰かが説かないといけないと思います。
加害者と同じ位被害者側が疲弊したんでは本末転倒だと思いました。

投稿: agppro50 | 2006/06/28 10:18

agppro50さま、こんばんは。

何でしょうね、この不公平感…。
死刑廃止論にももちろん理解できる部分はありますけれど、今回のこの事件に限っては、あまりにも許しがたい犯罪で、どう考えても「差し戻し」は妥当に思えてしまいます。

投稿: かんげ | 2006/06/28 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/10689186

この記事へのトラックバック一覧です: 差し戻し:

» 山口母子殺害*未成年の死刑問う判決(6月22日) [雑な日記]
北海道新聞 社説 http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?j=0032 山口県光市の母子殺害事件で最高裁は、二審の無期懲役判決を破棄し、審理を広島高裁に差し戻した。  犯行時十八歳未満の少年には少年法で死刑を科さないが、被告は十八歳を一カ月超えただけだった。それなりに反省の情を見せている被告に対し、更生の可能性より、悪質性や遺族の感情を重視した。  差し戻し審では死刑判決が出る公算�... [続きを読む]

受信: 2006/06/28 10:13

« にわか | トップページ | 小汚いファッションリーダー »