« 都市伝説ジャンプ | トップページ | 差し戻し »

2006/06/19

にわか

昨日のテレビ朝日系列で放送された、『ワールドカップ・日本×クロアチア戦』。
「絶対勝たねばならない試合」と位置付けられながらも、0ー0のまま、無情にも試合終了の笛…。

テレビの画面にはちょうど、現地スタジアムで祈るように応援していた若い日本人の女性が写っていたのだけれど…その笛の音を聞いた瞬間、彼女はなぜか“歓喜の声”をあげていた。

「勝たねばならない試合」で最終的に、「負けなくてよかった。」とサポーターに思わせるほど、テレビで見るよりもずっとそこには圧倒的な差があったのかもしれない。


昨日も、テレビの向こうにはまさしく老若男女、たくさんの日本人がいた。
その誰もが青いユニフォームを着て、必死に大声を出していた。

何にせよそうであるけれども、例えばあるスポーツ…サッカーが有名に・人気になり、裾野が広がれば広がるほど、同時に、ある言葉が生まれる。

…あのスタジアムにいた日本人の、はたして何割が、代表選手全員の名前を知っているのだろうか。
はたして何割が、普段にJリーグをも見たことがある人なのだろうか。

「中途半端な知識と熱意で応援しに行やがって…この“にわかファン”どもめがーっ!」

気持は多分に理解できるこの言葉、ではあるけれども、これは古くからのファンが使うただの“差別用語”である。


だってよく考えて。
仕事や学校までもを休んで、わざわざ高いお金を払ってまで、ドイツに応援に行く、その行為。

日本を見渡してもそうである。
あしたのことも考えずに、青く着込んで、お酒とサッカー中継を求め繁華街をさまよい歩く、その行為。
あれだけ憂鬱な日曜日の夜中に、テレビの前にかじり付いて絶叫している、その行為。
あしたは朝早いと言いながら、各局のスポーツニュースをチェックしないと寝られないでいる、その行為。

どれもそれだけで立派な“イチファン”の行為である(他人に迷惑かけてしまう奴は、にわかファンでもなくて、ただの犯罪者よ)。


ちなみに本当の“にわかファン”というのは…これだけブログで語っておきながら、きのうは『世界遺産』のチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅でしみじみし、『ガキの使いやあらへんで』の「ハイテンション総集編」でゲラゲラ笑っていた、私みたいな人物のことを言うのだ。
ほほほ~い。

 W杯日本−クロアチア戦の中継(テレビ朝日系、18日午後9時35分から)の平均視聴率は、関東地区で52・7%、関西地区で48・9%だったことが19日、ビデオリサーチの調査で分かった。(後略)(06・6・19『nikkansports.com』

(〈トラックバック〉●「にわかサッカー」→06・6・19『だいふくの山なりキャッチボール講座』
●「なんとか、引き分け」→06・6・19『ポッカリなゴミ箱』
●「サッカー熱 」→06・6・19『考え中』

|

« 都市伝説ジャンプ | トップページ | 差し戻し »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にわか:

« 都市伝説ジャンプ | トップページ | 差し戻し »