« 贅沢な一日 | トップページ | 踏ん張れ久保田 »

2006/06/13

激☆素人が語る2006ワールドカップ

昨日。
オーストラリア勢の高さよりも、どちらかといえば今岡が完全復活したのかが気になる、そんなこれ以上ない激☆サッカー素人は、渋谷が“青き津波”に巻き込まれる前にさっさと帰ろうと、家路を急いでいた。
記念としてその盛り上がりをカメラにおさめようかとも思ったけれど、そこまでの元気はなかったのである。


普段20時台の下り電車は、18~19時・21時台に比べると、格段に空いている。

なのに今日はすごい人!
しかもおじさんばっかり!
車内はいわゆる“加齢臭”でいっぱいであった。

若者達は青い服を着て、上り電車に乗る。
おじさん達はいつもの服を脱ぐために、下り電車に乗る。
そのどちらもキックオフの時間を目指して動いていることには、間違いない。

普段家に帰るのが遅いお父さん達を、こぞって家に帰してしまう、そんなワールドカップの影響力を実感した。
“ワールドカップで家庭円満効果”、なんて。


さて。そんな私がうっすらとテレビを見て、誤解を恐れず発言する、ワールドカップ日本×オーストラリア戦の感想は…

川口だけ凄ぇ。」
であった。

それとみんな、疲れたら休憩しろ!
さすがに、選手が勝手に交代できないのは知っているけれども。

オーストラリアって国は、サッカーも野球も、ダークホース的に強いなぁと思った。


何にせよ、このまま終わってしまうのはあまりにもあっけないし、誰かの描いていたストーリー通りのようなカンジがして、つまらない。

何となく日本中を支配している、「もうダメ」感。
それを再び、「もしかしたら…!」に変えて欲しい。

 <1次リーグ:オーストラリア3-1日本>◇12日◇F組◇カイザースラウテルン
 信じられない光景が繰り広げられた。パワー勝負を仕掛けてくるオーストラリアの波状攻撃を終盤まで抑えながら後半39、44分、ロスタイム…。残り6分を切った時間帯でまさかの3連続失点。次々とゴールネットを揺らされた。最後の最後でジーコジャパンの3バックが崩壊した。3度目のW杯で日本が世界の厳しさを突きつけられた。(後略)(06・6・13『ニッカンスポーツ』

|

« 贅沢な一日 | トップページ | 踏ん張れ久保田 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激☆素人が語る2006ワールドカップ:

» 100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」の誕生 [100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」]
はじめまして。新感覚情報検索ポータルサイト「フロンティア」誕生のご挨拶させていただいております。毎日少しずつ進化する楽しいコンテンツ満載のポータルサイトです。ぜひ一度お越しください。それでは失礼致しました。 [続きを読む]

受信: 2006/06/14 20:54

» メッシ(ドイツW(ワールド)カップ) [芸能新聞【究極の芸能新聞!?】]
メッシに関する厳選した記事を集めてみました。どうぞ! [続きを読む]

受信: 2006/06/17 14:49

« 贅沢な一日 | トップページ | 踏ん張れ久保田 »