« 人を呪わば穴二つ | トップページ | 木村カエラ『sakusaku』辞職に寄せて。 »

2006/03/30

アニメづいてしまったでちゅ。

最近、しっかりDVDを買ってまで見ているアニメが、『かみちゅ!』
1年くらい前にテレビ朝日系の深夜にひっそりと放送していたものが、新たな話が追加されDVD化されている。


見た目は完全なる“萌え系アニメ”なのだけれども…実はそれだけでは無い。

「私、神様になっちゃった。」

という中学生の女の子の一言から始まる物語は、そんな驚きの設定にもかかわらず、特に激しいアクションや目まぐるしい展開があるわけではなく…ちょっとだけ昔の時代の尾道を舞台に、とてものんびりと展開される。


登場する中学生達は、中学生らしく、どうでもいいことを悩んだり、笑ったりする。

恋に悩む好きな子を目の前にした、とまどいの感じ。
友達の家に泊まり込んで寝る時の、ドキドキする感じ。
灼熱の夏休みに何もすることが無い、退屈な感じ。

「あぁ、自分にもこんなこと、あったなぁ…。」

なんて青春時代の思い出や郷愁を、チクチクと刺激される。
(いじっ張り章吉君と、潤いの欲しい光恵ちゃんの2人が、とにかく中学生らしく、見ていてほのぼのする。)


そしてそれらが、圧倒的な高レベルの作画で表現されている。

美しい瀬戸内の町の学校、海、夕焼け…とにかく美しくリアルな映像は、30分アニメにしておくのは惜しいほど。
この作品を見て、尾道に旅行に行く人が多いというのも、うなずける話である。


中学生なのに神様の、女の子…神は人間にとても近い存在である。
決して究極絶対ではなく、万神が人間と同じように存在・生活し、常に私達の身近にいるもの。

そんな神道の基本的理論をも踏襲している、しっかりしていて、心暖まる作品だ。

(〈トラックバック〉●「かーみーちゅー!」→06・3・30『まったり受験記』
●「「かみちゅ!」最終第8巻」→06・3・29『尾道jinnのブログ』
●「「かみちゅ!」第1&2話、見ました。」→06・3・27『ULTIMO SPALPEEN』
●「かみちゅ!」→06・3・15『夢のゆめ』

『かみちゅ!』DVD第8巻

|

« 人を呪わば穴二つ | トップページ | 木村カエラ『sakusaku』辞職に寄せて。 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/9329638

この記事へのトラックバック一覧です: アニメづいてしまったでちゅ。:

« 人を呪わば穴二つ | トップページ | 木村カエラ『sakusaku』辞職に寄せて。 »