« 「本気」と「手段を選ばず」は違う。 | トップページ | まったかいが、ありました。 »

2006/03/14

韓流という名の懐古

電車に乗っていると、前に座っていた50代くらいのおばさま2人がしきりに、

「かわいいわねぇ…。」

「ホント、惚れ惚れしちゃう…。」

などと話していて、いよいよ私の人気も全国区かと思っていたら…何のことはない、2人は“チャン・ドンゴン”のクリアファイルをうっとり眺めていた。


映画など見る文化の無い我が家にwowwowのチューナーが置いてあるのは、我が母が、“クォン・サンウ”出演のドラマを見るためだけにある。

中年女性によるいわゆる“韓流ブーム”は、今だに続き、もはやブームの域を超えそうな勢いである。


韓国スターを見ながら、世のおばさま達は、「かわいい〜!」の他にこう漏らす。

「純情だわ…。」

この「純情だわ…。」が、熱狂の原動力になっていることは確かである。


人生50年も今は昔。
されど感じる、重ねた年齢と経験。
酸いも甘いも体験し、彼女達は成熟を迎えているはずの己を“穢れ”と感じるようになる。

そうなると生まれてくるのは、懐古意識。
「あの頃の私は、輝いていた、純情だった…!」


そんな時、自分を含め全てが穢れてしまった(と感じる)日本のすぐ近くに、韓国があった。
日本よりほんの少し遅れて経済成長を迎えた韓国の今は、ちょうど彼女達が若かりし、“穢れていなかった”と認識している時代に似ている。

それを証明するかのように、上記のブーム初期に騒がれたドラマには、日本の戦後〜高度成長期の映像作品と何らかの類似性を感じるものが存在するのである。


20代・30代には「古臭い」と思えてしまうテレビの向こうの韓国ドラマも韓流俳優も、彼女達にしてみればあの頃の美しき思いを目の前で生きながらにして持っている、まるでタイムマシンに乗ったような体験であり、そしてそれを思い起こさせてくれる存在であり…そうしてこのような熱狂が生まれているのである。


形としては、独身30代OLが一生懸命「あいのり」を見て、

「あぁ…こんな時代もあったなぁ…スーザンがんばれっ!うるうる。」

と言っているのと同系統かもしれない。

|

« 「本気」と「手段を選ばず」は違う。 | トップページ | まったかいが、ありました。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

かんげさん、こんばんはぁ~。

最初に…間違ってたら、ごめんなさいっ。
最近、なんか嫌なこととかありましたぁ~?
個人的印象なんですが…ここ何日かちょっと怖くて
近寄れないような?気のせいならいいんだけど…ち
ょっと心配っす。(よけいなお世話かなぁ)くどい
ようだけど…間違ってたらごめんなさい。

今日のは…Ladiesのアンタッチャブル・ゾーンです
なぁ。「アリー・マイ・ラブ」ってドラマ見たこと
ありますぅ?TVKできのうやってた回…迷走ちゃん
は途中から見たんだけど、少年しか愛せない女性に
主人公・弁護士のアリーが接見するのね。最初はあ
りえないっていう姿勢で接見するんだけど、女性の
話を聞いているうちに感情移入しちゃうんだよね。
「自分ももしかしたら同じかも…」って。

ま~少年少女ってのは、倫理的にどうよ?っていう
のはあるけど、男女問わず初恋の人をいつまでも引
っ張ってみたり、いちいち重ねたり…そんなことは
あるじゃないですかぁ?そこは分析せずにしまって
おいてあげましょ~よ。時にリアルさから逃れたい
時だってある。そんな逃げ場をスポットライトで照
らしてしまうのはやっぱり切ないっす。

迷走ちゃんなんかもリアルさから逃れたい1人なの
で、自己弁護のようになってしまうけど…現実に引
き戻すのも愛なら、泳がせるのもまた愛だと思う。
あっごめんなさい…生意気言って。これ、一意見ね。
迷走ちゃんによる迷走ちゃんのための。お気を悪く
されたなら、お手数ですが、削除してくださいまし。

ま~あれです。空港ジャックは皆さんのご迷惑にな
るので、元少女のお嬢さんたちには(みのもんた?)
奥ゆかしく…思い出に生きてほしいトコロです。
毎度長くてごめんなさい。

投稿: 迷走ちゃん | 2006/03/14 21:04

迷走ちゃんさま、こんにちは。

えっ…何かあったりしたかなぁ…。
…ハッ!あるとしたら、やっぱり野球(WBC)ですよ、野球!悔しいぃぃ〜ひぃぃ。
でも今日は勝ったので、いいお天気も相まって、晴れ晴れとしています。あー悔しかった。

それにしても、韓流ブームはすごいです。
私は結構目の前でそれを実感することが多いので、どうも思うところが、色々とあるのですよね…。

少年少女嗜好は、若さをモノサシにした人間の本能的何かも加わっている気がするのですが…それに加えて本件は”思い出”という美しいものも加わっているので、大いに納得できます。

ただ”秘めたる想い”のままだと美しいのですが、それを持った人が大勢集まると…とんでもないムーブメントになって、それこそ「空港ジャック!」になってしまうので…やっぱり迷走ちゃんさまのいうところの”奥ゆかしさ”こそ、彼女達が思い出しついでに思い出して欲しいことで、ありんす。

投稿: かんげ | 2006/03/15 16:08

こんばんはぁ~。
間違いだったようで…気のせいだったようで…
「ごめんなさい」やら「はずかしっ」やら。
何はともあれ…晴れ晴れ天晴れなかんげさんで
よかった…どすえ。

王ジャパン、やりおりますなぁ~。
松坂っち、冴えまくり…イチローの送りバント
は「うわぁ~そんなもったいないことしちゃう
?しちゃうのぉ~」って興奮。吉野家で道場六
三郎さんの作った前沢牛の牛丼食べちゃったみ
たいな感じ?で、技の匠・職人イチローの作っ
たチャンスがあ~なってこ~なった時には「が
っくし…」でした。迷走ちゃんとしては立上り
が遅いのと全体的にスピード感がないのが気に
なってるんだけど。でも、大勝したし…うきっ。

ところで首につけてる千羽鶴みたいの何?小さ
なことが気になるお年頃なる今日この頃デス。

投稿: 迷走ちゃん | 2006/03/16 00:33

迷走ちゃんさま、こんにちは。

はい!元気でし…さっきまで元気だったんですが…はぁ〜っ、負けちゃいました…がく。

投稿: かんげ | 2006/03/16 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/9085212

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流という名の懐古:

» いいとも6000回でギネス更新! [Aliiyブログ]
『Aliiy』編集部のあいです[:ハート:] 昨日はChiakiのオープンガーデンを更新しましたが、読んでくれましたか? 今月のハーブはイタリアンパセリです。 挑戦してみたくなるカンタンお料理レシピもあるので、今すぐチェックしてくださいね[:!:] そして! [:NEW!:]ブログ内のアンケートもぜひぜひ参加してくださいっ。 あいはコスメ大好きなのですが、右のブランド内でも気になるものがたくさんあります[:汗:] 使ってみないと分からなかったり、合う・合わな... [続きを読む]

受信: 2006/03/14 19:03

« 「本気」と「手段を選ばず」は違う。 | トップページ | まったかいが、ありました。 »