« 日曜日のシニカル | トップページ | 韓流という名の懐古 »

2006/03/13

「本気」と「手段を選ばず」は違う。

 <WBC2次リーグ1組:米国4−3日本>◇12日◇米カリフォルニア州アナハイム
 日本は優勝候補の米国に3−4でサヨナラ負けした。日本は3−3の9回、この回から登板した藤川(阪神)が2死満塁から4番のA・ロドリゲス(ヤンキース)に二遊間安打された。
 日本はイチロー(マリナーズ)が右越えに先頭打者本塁打。2回にも川崎(ソフトバンク)が左前打して2点を加えた。しかし、6回に3−3とされ、8回の勝ち越し機を逃したのが痛かった。1死満塁で岩村(ヤクルト)が左飛。犠飛に思えたが、アピールプレーで三塁走者のスタートが捕球より早いと判定されて併殺になった。(後略)(06・3・13『nikkansports.com』

教室の片隅、つまらない授業。
ノートの隅に悩み書く、オレ的“プロ野球ドリームチーム”のメンバー達。

…時代は違えど男子なら、こんな経験、多いはずだ。

その思いは実名化やチームエディット機能の充実など、テレビゲームの世界では可能にはなっていたけれど…ついについに、それが本当に、現実のものとなった。

WBC(ワールドベースボールクラシック)
何か1つの夢が叶ったような、そんな沸き上がる、熱い思いがするのである。


敵として非常にやっかいだった、あのロッテ選手達の物怖じしないスタイルは、味方になるとこれ以上心強いものはないと思えた。

いつもは憎々しい上原は、やはりとても頼りになる選手だった。

日本をキライになって飛び出した、クールでとっつきにくいと思っていたイチローも、実は日本の野球に誇りを持っている熱い男だということがわかった。

そして何より、人気低迷を嘆かれていた日本のプロ野球も、まだまだ捨てたもんじゃあないということがわかった。

これだけでもう、参加の意義は十分にあったと思う。


それしにてもこの1戦1戦の結果が、今メジャーリーグでプレイしている日本人選手の待遇であったり、日本のプロ野球公式戦のテレビ視聴率と、そこで動く何千万というスポンサー契約料をもコロッと動かすかと思うと…もう緊張して、テレビ中継なのに正視していられないのであった。


アウェイの洗礼というやつなのだろうか。
しかし1度下された判定が抗議で覆るというのもおかしな話である。

“手段を選ばず”…まさにそんな雰囲気で、この日のために“故意による誤審”という切り札的カードをもしアメリカが用意していたとすると…この初戦でそれを出させたことは、栄光あることなのではないだろうか。
あのメジャーに、己の誇りを失わせたのだから。


今日は大きな貸しができた。
メジャーリーグへのコンプレックスもすっかり無くなった今、さぁそれを、取り返しに行こう!

(〈トラックバック〉●「WBCってどう思いますか?」→06・3・20『今日から野球ファンになった人のためのブログ』
●「アメリカ戦の事後解説」→06・3・13『東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ』
●「WBC −vsアメリカ戦−」→06・3・13『猫にまたたび』
●「WBC 納得できないアメリカ戦」→06・3・13『お疲れさまッス!』

|

« 日曜日のシニカル | トップページ | 韓流という名の懐古 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロ野球」カテゴリの記事

コメント

かんげさん、こんばんは。
なんとかアメリカにリベンジして欲しいですね。新橋オヤジもかなり熱くなっています。
それには、2連勝が条件になってしまいましたねぇ。ちょっと厳しいですが、なんとか頑張って2連勝して欲しいものです。ホント、この大会の中でリベンジして欲しい。
あ~、でもなんかホント熱くなってしまっているなぁ・・・

投稿: 新橋オヤジ | 2006/03/15 01:09

こんにちはっ!今日は完勝のようでしたね!

やっぱり野球は国民的スポーツであることを実感…この沸き上がる、熱さですから!

あのジャッジメントはホント、何度見ても悔しくて悔しくて(最後、サヨナラされたのが球児だからというのもあるかもしれませんが)…でもだからこそ、日本には勝ってもらいたいですね。

それにしても…韓国、強いなぁ。

投稿: かんげ | 2006/03/15 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/9074289

この記事へのトラックバック一覧です: 「本気」と「手段を選ばず」は違う。:

» WBC 納得できないアメリカ戦 [お疲れさまッス!]
出ました~、イチローの先頭打者ホームラン! 1次リーグはイマイチ調子が上がっていない感じでしたが、2次リーグはやってくれそうです。 そして先発・上原投手の立ち上がりを注目していましたが、エラー、内野安打で無死一・二塁のイヤ~な感じのピンチを迎えるも、グリフィ..... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 23:32

» 愚劣なホームタウンディシジョン! アメリカ相手に悪夢のサヨナラ負け! [ANQ Ritzberry Fields]
 いよいよ始まったWBC2次リーグ。初戦の相手はまさかの2位進出同士となったアメリカ。鈴木一朗が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにらしくないバッティングでいきなり先頭打者アーチを放つなど、3回まで3−1と言う展開で出勤時間になってしまったのだが、....... [続きを読む]

受信: 2006/03/14 16:29

» それにしてもWBCは惜しかった [新橋オヤジの日記]
今更ながらの話題ではあるが、それにしてもWBCのアメリカ戦。 あ~ぁ、なんとも惜 [続きを読む]

受信: 2006/03/15 01:04

« 日曜日のシニカル | トップページ | 韓流という名の懐古 »