« 春へ一剥け | トップページ | 追いついた大河 »

2006/03/25

虚構

DJ・ダウン
MC・ローズ

君達一体何者!?

文字通り、ミュージシャンなのだろうか。
それとも、役者の卵?
もしかしたら、KDDIの社員だったり!?

とにかくその素性がハッキリしていない。


気になったので彼らのブログを覗いてみた。

「今日はクラブでイベントだぜ!チェケチェケ。」

とでも書いてあるのだろうと思ったら…

「今日は実家からタケノコが届きました。」

だって!すげぇ暖かいよ!ますます訳わかんねぇよ!!


というわけでそんなミステリアスな魅力満開、“仲間由紀恵withダウンローズ”のCDを買った。


私の携帯電話はauだ。
しかし今流行りの”着うたフル”でこの曲をダウンロードしようとしたら、

「お客様の機種は対応しておりません。」

とあっさり言われてしまったのであった。

2年前の機種がもう時代遅れとは…携帯電話の発展の早さは、富士そばの注文受注より早い。


さて。先のダウンさんとローズさんだけにとどまらず、女優仲間由紀恵もミステリアスな人物である。

私が彼女を“女優”と認識したのはいつだったか…それはずいぶん昔の日曜日お昼、フジテレビ系『ウチくる!?』にゲスト出演していた時であったと思われる。

彼女は番組中、ドラマ出演で覚えたというマジックを披露していた。
それはトランプマジックで、これといった特徴の無い、よくあるものだったのだが…その最後、役になり切った彼女が、見ていないはずのカードの絵柄を一致させた時に、「ニヤリ」と微笑を浮かべたのであった。
そしてそれが、まるでゾクリとするような妖艶な微笑で…マジックの新たなるスタイルを感じてしまうほどの演技力と魅力に、大きなプロ意識を感じたのであった。


それ以降、様々な個性的な役どころを次々とこなしている仲間由紀恵は、そのためか現実性を感じさせない、とてもミステリアスな人物である。

今回も“小室ファミリー”であった頃から幾年も経った状況にもかかわらず、セリフ入りの(ちょっと恥ずかしい)歌を、ブランク感じさせずにしっかりと歌い上げているところには、そんな女優としての技量がモノをいっているのかもしれない。


と、いうわけで全てが虚構であるような、そんなアーティスト。
しかしいわゆる“企画モノ”にしてはレベルが高い。
人間味や現実味を感じさせない、スーパースターのような、エンターテイメント性に富んだ、そんな役者…いや、アーティストである。

それにしてもダウンさんと、ローズさん、今後どうするのだろう…。

(〈トラックバック〉●「仲間由紀恵withダウンローズ「恋のダウンロード」」→06・3・21『LOVELY IDOL POPS』
●「仲間由紀恵withダウンローズがテレビ出演」→06・3・20『めざせ生活向上!』
●「★「恋のダウンロード」仲間由紀恵 with ダウンローズ」→06・3・18『日本の歌姫たち』
●「Mステ」→06・3・17『太平洋沿岸』

恋のダウンロード

|

« 春へ一剥け | トップページ | 追いついた大河 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

見ました見ました!!仲間由紀恵withダウンローズのブログ。
ホントにタケノコ云々書いてますね(笑)
彼らは一発屋で終わるんでしょーか。。。今後も注目ですね(= ^ ^ ゞ

投稿: ろーじー | 2006/03/27 23:59

ろーじーさま、こんにちは。

「タケノコ」ってねぇ…でもそれでも何だか、彼らの本当の姿が見えてきません…ってか明るい未来が見えません!

テレビ番組出演で、もっと2人を取り上げるのかと思っていたらそれも無く…まぁ視聴者(私含)が見たいのはやはり仲間嬢なのですが…それでもなんだかかわいそうで、気になります。う〜ん。

投稿: かんげ | 2006/03/28 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/9239155

この記事へのトラックバック一覧です: 虚構:

« 春へ一剥け | トップページ | 追いついた大河 »