« カッコいい日本代表、というかイチロー。 | トップページ | 春へ一剥け »

2006/03/23

自然環境保護について、考え過ぎてみた。

地球上に生まれ、生きている以上は、私達個人個人が何よりも己の身近なところで、多少なりとも自然環境に気を遣わなければいけないと思うのだ。

テレビの向こうの原油まみれで動けなくなっている水鳥や、干上がり消滅する砂漠の湖を見て心を痛めるよりも、カップラーメンの残り汁をジャンジャン下水に垂れ流している、そんな自分を省みて心痛めろというものだ。


よく小さい頃考えた、

「日本中全員から1円を奢ってもらったら…いくらになるかなぁ…えへへ。」

と同様に、私達個人が決まって少しだけ、それについて考え取り組んだだけでも、それは大きな力になるのだから。


先日食事中、お行儀の悪い私は、過って醤油のビンを倒してしまった。
あっという間にテーブルに広がる醤油溜まり。

「アララララ…ティッシュ、ティッシュ…。」

と、その時、
〈…いかーーーん!紙のムダ使いだーーーっ!限りある資源、大切にしよう。〉

私の心の中のネイチャーボーイが、厳しく説教してくれた。


「…じ、じゃあ、フキン、フキン、お膳拭き…。」

するとまた、
〈…いかーーーん!水質汚染だーーーっ!そのフキンを水で洗うんでしょ!?地球は水の、惑星です。〉

再びネイチャーボーイ。


…じ、じゃあじゃあどうすればいいの!?
答えてよ!ネイチャーボーイ!

〈………。〉

結局、己の存在は、確実に地球に害のあるものだと感じ、うじうじした。

|

« カッコいい日本代表、というかイチロー。 | トップページ | 春へ一剥け »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんはデス。
先日はネジ巻き…ありがとうございました。
お礼を書こうと思いつつもバタバタそうなので、ちょこ
っとご遠慮しつつ…でもでも…かんげさん記事の吸引力
に引き寄せられ、我慢しきれずにとうとう書いちゃった
りして。なんだろ~。いたるトコロに「キメラのつばさ」
トラップが設けられているみたい。気がつけばココにい
る…みたいな。いつもなごませてもろちょります。

迷走ちゃんの中のネイチャーガールもよくうじうじしま
す。究極の環境保護はイキツクトコロ「人類の消滅」と
いう答えになってしまい…消滅するわけにもいかず、ど
うしたものだろう?と思い、「小さいことでもやらない
よりはやった方がいいのよ…せめて気がついた時だけで
もやった方がいいのよ」と開き直る始末です。

例えばペットボトルのリサイクル。再資源化するにあた
り、実はペットボトルを作る2倍近くの石油を使ってし
まうこともあったりします。筑波の小中学校に設置され
た風力発電用の風車…ちっとも回らず、風車を回す電力
ばかりが消費されています。(来月訴訟らしい)

本末転倒…間違ってはやり直し、模索とうじうじを繰り
返し、人類はこれからも進んでいくんだね。(相田みつ
を?)正解の日まで地球は持つんでしょ~か?

答えてよ!ネイチャーボーイ&ガール!

投稿: 迷走ちゃん | 2006/03/23 21:57

迷走ちゃんさま、こんにちは。
いえいえ。ようこそー。

ネイチャーボーイもネイチャーガールも、都合のいい時しか出て来ない、適当な奴ですね。
でもそれでも、出て来ないよりはマシかなぁ…。

醤油1本で人類の消滅までを考え…そしてまた戻ってきて、醤油をフキフキする…そんな自分が恥ずかしながら愛おしい、なんてな。

人類は…ちったぁ進んでいるのかなぁ。

投稿: かんげ | 2006/03/24 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/9224178

この記事へのトラックバック一覧です: 自然環境保護について、考え過ぎてみた。:

« カッコいい日本代表、というかイチロー。 | トップページ | 春へ一剥け »