« 正月に武田鉄矢を語る | トップページ | 時期尚早 »

2006/01/03

風車の理論だ!小川直也

去年の大みそかは、久しぶりにテレビをよく見ていた。
そして生まれて初めて、紅白歌合戦のオープニングを見たのであった。

紅白K−1、そしてPRIDEを、“超ザッピング”。
基本を紅白に置きながらも他局の動向を確認、そしてプロレスラーが出る時だけ素早くチャンネルを変える。
手にはリモコンを持ちっ放しの、大みそかの夜であった。

P…というか、フジテレビの番組の盛り上げ方は相変わらずだ。
アイドルや著名人をリングサイド席に座らせて、試合中に抜き撮る。…本当にもう、節操が無い。

対するKも、“永ちゃん”をリングに…視聴率の飽くなき追求は、視聴者にはもう滑稽に映りはじめている。


と、いうわけで、大みそか格闘技特番(見た試合だけ)の感想

○〈Pの第1試合〉近藤×中村
終止攻めあぐね続けた近藤が、不可解な判定負け。
とにかく残念であった。
“判定”というわかりづらい制度は、“わかりやすさ”で人気になったといわれているPRIDE自身の、首を絞めることになるような気がする。
しかし中村という選手は無名の人かと思ったら、後で調べたところ吉田道場の人だそうで…なるほど納得。

○〈Pの第2試合〉トンプソン×シルバ
ガイジンレスラーは、お金で上がるリングを選ぶのを止めるべきだ。
そう切に、プロレスファンは願っている。

○〈Pの第3試合〉瀧本×菊田
「柔道五輪金メダリストのPRIDE転向」というニュースも、同じような人が多過ぎるのと、“大みそか特番”の影に隠れて全く目立っていない。
「柔道だった人」というイメージしか無く、非常にもったいないと思う。
瀧本選手は確実に、PRIDE参戦の時期を間違えて、その格闘技人生を損している。

○〈Kの第4試合〉永田弟×モリカビュチス
一番見たかった試合だったのに…見逃した!
でも勝ったようで一安心。
将来の新日本プロレスの在り方として、「プロレス部門」「格闘技部門」と二本立てするのがイチバン正しいやり方だと思う。
永田弟がその「格闘技部門」の先駆けになってくれることを願う。

○〈Kの第5試合〉ボンヤスキー×プレデター
プレデターには、シウバと全く同じ言葉を送ろう。
明らかにボンヤスキーの再起への踏み台…グローブを着けたプレデターは、自身のその魅力を10分の1も出していないけれど、「それでいいの!?」と本人に聞いてみたい。

○〈Pの第8試合〉サク×美濃輪
プロレスラーと、プロレスラーが、PRIDEのリングで戦う、違和感と不必要感。

サクの試合になると必要以上にアナウンサーが小池栄子に話をふるから、その
「私、普通のアイドル解説者とは違いますから」
的コメント類が気になってしょうがなかった。
だから試合内容は覚えていない。

○〈Kの第9試合〉曙×オロゴン
今世紀最大の大凡戦。
どちらも疲れて動けない3ラウンドは、セコンドの
「最後なんだから前に出なきゃ!出て!!」
という必死の声がおもしろかった。

プロレスラーに必要なのは、肉体と精神のタフネスさ、そして何よりお客さんを満足させようと思う気持ち。
お客さんを冷めさせてしまった曙には、まだ上記のどちらも備わっていなかった。
Kにおいての曙の価値は、とうに地に落ちているが、これでプロレスではどうなるのか…4日に新日本ドーム参戦が急遽決定したが、その時のプロレスファンの反応で決まるだろう。
ブーイングも含め、何らかの歓声が客席から起これば、まだプロレス界ではやっていけるだろう。
ただもしその時、お客さんの反応が何も無ければ…彼の格闘家人生は終わることだろう。

○〈Pのメイン〉吉田×小川
完全なる小川の勝ちであった。
試合後のリングはまさに小川ワールド。
「負けちゃったけど…ハッスルしてもいいかな?」
まさかそう来るとは…師匠猪木の姿がダブって見えた。
共に“ハッスル”を要求され、ニヤけ顔でやんわり断った吉田の姿は、完全なる敗者だった(格闘技をあまり見ない友人が、「吉田はノリが悪くてつまらんな〜」と言っていたのが印象的であった)。
あの時、吉田が勝つには、無言でリングを後にするか、もう1本小川の足でも腕でも折ってやるか、そうするしかなかった。

最高の大逆転劇を見せてもらった。
小川はやはり、プロレスラーだ。

(〈トラックバック〉●「小川と吉田、曙とボビー」→06・1・4『お父さんに役立つ情報ページ』
●「大晦日を締めたのは誰?男祭り・小川は吉田に完敗」他→06・1・2『ブラック・アイ2』
●「今年もハッスル!」→06・1・2『私のお気に入り』

|

« 正月に武田鉄矢を語る | トップページ | 時期尚早 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

小川はさすがでしたなー

投稿: タク600 | 2006/01/05 21:19

あけましておめでとうございます!

小川…深い男っス。
私も深い男になりたいス。

タク600さま、本年も宜しくお願い致します!

投稿: かんげ | 2006/01/06 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/8011699

この記事へのトラックバック一覧です: 風車の理論だ!小川直也:

« 正月に武田鉄矢を語る | トップページ | 時期尚早 »