« ぐじゅる、ぐじゅる。 | トップページ | 幸せの、おすそわけ。 »

2005/11/05

ジェンダーフリーから、どうでもいい細かいとこまで。

 女人禁制を守る修験道の根本道場、奈良県天川村の大峰山(山上ケ岳)登山を計画した性同一性障害の男女らを含むグループは3日、禁制維持の立場から登山しないよう求めた地元住民の説得に応じ、登山口の手前で計画を中止した。
 グループは、立命館大非常勤講師の伊田広行さんらの呼び掛けに応じた性同一性障害の人や、女人禁制に反対する女性を含む約30人。登山口の「女人結界」門で地元住民ら約50人が待っており、午前10時に到着したグループに桝谷源逸洞川区長が「登山は遠慮してほしい」と申し入れた。涙ぐんで訴える地元の女性もいた。
 グループ側は「何を基準に男女を分けるのか」「禁制維持をどうやって決めたのか」など疑問をぶつけたが議論は平行線をたどり、約1時間後、引き続き両者が話し合いの場を持つことで一致。グループは解散した。(05・11・3『nikkansports.com』

いわゆるジェンダーという言葉には、“社会的性差別”というようなニュアンスが含まれているようで、あまりいい意味では使われていない。

しかしこれを純粋な“社会的性別”とした意味でとらえるならば、それは立派な私たちの文化の1つなのではないかと思う。

長い長い歴史を経て、私たちの文化は形成されてきた。
だからそれを無下に否定することもできないのではないだろうか、ということだ。


もちろん雇用問題や社会参加問題等の、より私たちの生活に身近な問題については、これからも多くの議論と私たちの意識の改革が必要なことは理解しているが…上記のような宗教や作法、名称呼称、歴史的文化、そしてなんとなく私たちの根底に流れる「男とは、女とは」論などに対して目くじらを立て、全否定し矯正しようとするのもいただけない。

女人禁制の山。
それは日本独特の文化の賜物であり、犯すべきものではないと思うのだ。


名称の部分でもそうである。
職業が保母さんの男性がいたっていいじゃない。
職業がサラリーマンの女性がいたっていいじゃない。


また「男だから…女だから…」という何ともない意識だって、それは私たちの先人から脈々と受け継がれてきた意識。
料理ができない私がもし、「男だからしょうがないよ!」と言われたら、それはそれで受け入れよう。
逆に、マックのメモリをなかなか増設できない私がもし、「男のくせにだらしない!」と言われたら、それはそれで受け入れよう。

料理が上手な男がモテるのは、その意識のおかげじゃん!
仕事がデキる女がかっこいいのは、その意識のおかげじゃん!
それを逆手にとって大成功している人だってたくさんいる…最終的には個人である。


とにかく要は、
「細かいことにこだわんじゃねぇ!」
ということだ。

「女々しいぞ!」
…今の言葉は社会的性差別か…でも語源なんて、どっでもいーやー。

|

« ぐじゅる、ぐじゅる。 | トップページ | 幸せの、おすそわけ。 »

「ニュース」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

同じこと…考えてました。
迷走ちゃんは元々建築関係なので、今もね…あるんです。工事の安全を祈って神様をお祭りする神棚は絶対、女の人がお水とかかえちゃダメなの。これはみんな守ってる。

ずいぶん前にトンネルを掘る工事現場の社会見学に行った小学生ご一行が女子が入ったらダメって言われた…っていうのもニュースで取り上げてたけど、漁師さんの船に女の人は乗れないっていうのもあるけど、これはみんな安全の神様が女の人だったりするわけで。

神様が?って思うけど、焼きもちをやいて安全じゃなくなっちゃうっていうところからきた信仰。古くから信じられているものを無理に今に置き換えなくてもいい。置き換えないといけないものは多分自然に淘汰されるものじゃないかって思ったり。

ジェンダーって確かに難しい問題だと思う。でも、ジェンダーであるって定義づけてしまうことで、名前をつけてしまうことで特別になっちゃう気がして、その特別が差別になっちゃったりして、そこにどんな意味があるんだろうって思っちゃいます。

迷走ちゃんもどっちでもい~や。長々ごめんなさい。同業って言ってもらえるとうれしいです。こちらこそ、いろいろ勉強させていただきます。ではでは。

投稿: 迷走ちゃん | 2005/11/08 22:31

迷走ちゃんさま、こんばんは。

全部、言い出したらキリがないことばかりなんですよね。
もちろん声を大にして言わなきゃイケナイ、おかしいこともたくさんありますが…
そこまで言ったら、「この世に男と女がいる限り、差別がうんたらかんたら。」なんて哲学的なとこまで行っちゃうようなどーでもいいことも、やっぱりあると思います。

私は「昔から決まってるんです!」
ってこと、結構好きなんだけどなぁ。


この文章、すごく気ぃ遣って書いたんです…反論ももちろん嬉しいけれど、ご賛同いただいて嬉しいですー。

投稿: かんげ | 2005/11/09 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/6951318

この記事へのトラックバック一覧です: ジェンダーフリーから、どうでもいい細かいとこまで。:

« ぐじゅる、ぐじゅる。 | トップページ | 幸せの、おすそわけ。 »