« 女性のみなさん、電車で眠る際はお隣にお気を付けを。 | トップページ | 秋の夜長、みなさんはどうお過ごしですか。 »

2005/10/12

答えが無いものも、わからないというものも、美しいのよね。

きのうのTBSテレビ、『爆笑問題の!ニッポン(秘)民俗学〜霊魂と死についてマジメに語ろうスペシャル』を見た。

番組は民俗学というよりは宗教学…神道概論といった感じであったが、日本文化の柱であり特異性に富んだ日本独特の宗教でもある神道をわかりやすく学べる、なかなかいい番組であった。


ただ、結局最後には、民俗学者の教授に
「魂は存在する?しない?どっち?」
と聞いてみたり、

化学者が出てきて脳の進化における発達と宗教発生の関係性を述べたりと、科学的な見方に移行してしまい、やはり現代人と科学的見地は切っても切れない関係なのだなと実感させられた。

私達には、知らなくてもいいのに知ってしまったことがあり過ぎるような気がする。

|

« 女性のみなさん、電車で眠る際はお隣にお気を付けを。 | トップページ | 秋の夜長、みなさんはどうお過ごしですか。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

宗教を考える番組に科学の知識を並べておつに[私は教養にあふれた番組を作った]と済ましている放送局は問題です。
宗教宣伝になることを恐れるのも判りますが、鍋料理の材料に食べられない金属や科学部質をいっしょに出される視聴者は何も食べられない。
おかしな事です。

投稿: 心象仙人 | 2005/10/13 00:35

心象仙人さま、こんにちは。

科学的見地が無いと納得したり、説得力を感じることができない私達は、もしかしたら危険かもしれません。
ずいぶん盲目的に科学のみを信じ切ってしまっているというか、全ての尺度が科学のみになってしまっているというか…それはおかしいですよね。

投稿: かんげ | 2005/10/13 13:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/6366224

この記事へのトラックバック一覧です: 答えが無いものも、わからないというものも、美しいのよね。:

« 女性のみなさん、電車で眠る際はお隣にお気を付けを。 | トップページ | 秋の夜長、みなさんはどうお過ごしですか。 »