« 破壊王追悼、その後。 | トップページ | 待ってくれ〜わたしのカリカリ…。 »

2005/08/23

続く暴力の論争

 全国高校野球選手権大会で57年ぶりの連覇を果たした駒大苫小牧(南北海道)に衝撃が走った。野球部長(27)が、6月と8月の2回、部員を殴るなどの暴力をふるっていたことが22日、明らかになった。この日午後10時から、同校で篠原勝昌校長(63)らが緊急会見を行い、暴力行為を認め、野球部長の謹慎処分を発表。同校長は優勝旗返還も含めた処分も受け入れることを示唆した。また大会前の不祥事で出場を辞退した明徳義塾(高知)は来春センバツへの出場が事実上不可能になっており、駒大苫小牧も夏春連覇への道が閉ざされる可能性が出てきた。
 (中略)同部長による暴力行為は2度あった。同校などによると、最初は6月2日の練習後、3年生部員1人を練習態度などを理由に平手で顔を3、4発殴った。部員はあごが外れ、かみ合わせが悪くなったという。2度目は甲子園入り後の8月7日。宿舎で食事ノルマの茶わん3杯を守らなかったとして、スリッパで頭を1度たたいた。香田誉士史監督(34)は暴力の際、その場所にはいなかったという。同部長は原正教頭らの事情聴取に対し「体罰的暴力をふるった。申し訳ない」と認めたという。この部員は甲子園ではベンチ外の選手だった。
 この2件に対し、甲子園開幕3日目の8月8日、暴力をふるわれた部員の母親から直接、学校に連絡が入り、篠原校長ら学校幹部も暴力を把握した。(後略)(05・8・23『ニッカンスポーツ』

日本で一番実力のある高校野球部だから、監督やコーチによる厳しい教育・統制は充分に予想できる。
プロではない普通の高校生から、勉強や遊びや、たくさんの“したいこと”“しなければいけないこと”を排除し、いい意味で“野球漬け”にし、統制のとれたチームをつくるには、やはり選手個々の自己管理などには任せておけず、厳しい指導が必要になるのは当たり前である。


「暴力か、体罰か、指導か。」
よく論議されることだ。

駒大苫小牧のこの状況までになると、その判断を下すことのできるのは他でもない、暴力(体罰?指導?)を受けた選手本人だけだろう。
決してその親ではなく、友人でもなく、高野連でもなく、この選手が自らの考えで、この事件に決着を着けるべきである。

それが自らが所属する部と仲間の栄光を捨てさせてまで追求するほどの、酷い暴力であるならば、徹底的に糾弾すべきだし、思い返せば自らにも否があったり、そこに愛情を感じたり、指導の範囲内であったと思い直すようなことがあったならば、水に流して胸を張って優勝旗を受け取ればいい。
外野ではなく、当の選手の冷静な判断が求められる。


1人の母親の電話が、なぜここまで大事になるのか。
学校内や当人同士で処理できることではないのか。
とにかく、最後に栄光を汚されてしまった選手達には罪は無いのでかわいそうだ。

(〈トラックバック〉●「駒大苫小牧高の件」05・8・23『なにをするひとぞ』
●「駒苫暴力発覚、優勝旗返還も覚悟…」05・8・23『ニュースつまみ食い』
●「高校野球のモラルとは?」05・8・23『Rin's Cafe』

|

« 破壊王追悼、その後。 | トップページ | 待ってくれ〜わたしのカリカリ…。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/5598261

この記事へのトラックバック一覧です: 続く暴力の論争:

» 駒大苫小牧高の件 [なにをするひとぞ]
駒大苫小牧高の野球部長が生徒に暴力をした問題。http://www.mainichi-msn [続きを読む]

受信: 2005/08/24 11:17

« 破壊王追悼、その後。 | トップページ | 待ってくれ〜わたしのカリカリ…。 »