« ド、ドドーン | トップページ | 戦後60年。 »

2005/08/14

「強い」は「強い」、『プロ野球スピリッツ2』の日々。

すっかりサボってしまっていた、プレイステーション2ゲームソフト『プロ野球スピリッツ2』
真剣ペナントモード内の“オレ阪神”は、現在7月18日である。

交流戦終了後、あまりにCOMの歯ごたえがないので難易度を「普通」から「強い」にしてみて、16試合…
…5勝10敗1分
…「強い」、強過ぎ!


私はいくらゲームの中といえどもタイガースが負けている姿を見るのが許せない。
大差がついたまま終盤へ…いわゆる“負け試合”になっていたりすると、
「あ〜もう、早く終われ終われ。」
とポイポイ打って、ポイポイ投げて、一刻も早く試合を終わらせてしまう。

ここ数十試合、ずっとこのポイポイが続いていて、ストレスが溜まる一方であった。ゲームの中なのに!


あまりにシンドいゲームライフに、そこでCOMレベルは「強い」のまま、球速を「ベーシックスピード」に落としてみると…なんとかちょうどいい難易度になったような気がした。少なくとも毎回“ポイポイ”することは無くなった。

甲子園での対広島9回戦では、延長11回裏に金本アニキのサヨナラ満塁ホームラン!
初めての満塁ホームラン&初めてのサヨナラホームランに、一人で小踊りしてしまった。うれし〜ぃ。

ホームランを打った時って、
「打とう打とう…。」
と思って打てたわけではなくて、
「思わず打球に反応して振ってしまった。」
という場合が多いかな…って、本物みた〜い。

リアルタイガース(8月14日現在)…60勝43敗4分・1027安打94本塁打
●オレタイガース(7月18日現在)…55勝27敗3分・1125安打58本塁打


そうそう。今日のリアルプロ野球、阪神×巨人戦、その初回。
桑田の一投が矢野の頭に…!

騒然となるスタンド・ベンチ…矢野、立ってくれ(祈)!

すると矢野はスクリと立ち上がり、何をとがめることなく一塁へ歩き出す…カッコいいね〜!
まさにプロ野球選手の鏡!!


デッドボールに激高して投手に暴力を振るう他球団の4番打者や、ボールを避けることを知らずに一方的に投手を威嚇する球界を代表する(と言われる)他球団のスラッガーに比べたら、言わずもがな。
やはりプロ野球選手はスポーツマンであって欲しいものだ。
矢野は「子供に見せたいスポーツ選手」、後述2人は「子供に見せたくないスポーツ選手」といったところか。

そうだ。『number』、買わなきゃ。

|

« ド、ドドーン | トップページ | 戦後60年。 »

「ゲーム」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロ野球」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/5472995

この記事へのトラックバック一覧です: 「強い」は「強い」、『プロ野球スピリッツ2』の日々。:

« ド、ドドーン | トップページ | 戦後60年。 »