« 佐々木、このまま引退しちゃうの? | トップページ | 「じいさまとばあさまの…。」 »

2005/08/11

「反語」です、「反語」。

 インターネットの自殺サイトを利用した連続殺人事件で、逮捕された人材派遣会社契約社員・前上博容疑者(36)が大阪府警の調べに対し、「快楽殺人をテーマにした(推理作家の)江戸川乱歩の小説を中学生のころに何冊も読み、影響を受けた」と供述していることが10日、わかった。
 (中略)前上容疑者は「中学生のころ、女性を窒息させる場面を描いた小説の挿絵に興奮した」と供述。小説の作者は江戸川乱歩だったと言い、「乱歩の作品を色々と読み、人を苦しめながら殺す内容のストーリーに興味を持った」と話した。(後略)(05・8・11『読売新聞』

「犯罪者を増長させる。」

「青少年に悪影響を及ぼす。」

…と、殺人事件の起こる度に、テレビ番組やインターネット、ビデオゲームなどを弾圧してきた評論家と呼ばれる正義家さんの方々は、江戸川乱歩の小説までもはたして弾圧するのだろうか、とふと思った。

(〈トラックバック〉●「御大の名が出るとは」05・8・11『はやたま』
●「今度は「小説規制」が始まるのかな?」05・8・11『閣下の憂鬱』
●「「乱歩に影響受けた」自殺サイト殺人の前上容疑者」05・8・11『(新)極私的視点ブログ』

|

« 佐々木、このまま引退しちゃうの? | トップページ | 「じいさまとばあさまの…。」 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

 トラバ、ありがとうございます。
 何でも、あの犯人ってばHPで小説を自ら書いていたとか。
 映像(画像)が伴わなければ規制の対象とならなかった日本で(どんなにエゲツナイ表現があっても文章ならば良いというのも変な話だと思いますが)、とうとう文章までもとやかく言われる時代になるのでしょうかねぇ。
 それなら私の敬愛する舞城王太郎サンなんかもヤバイって事になっちゃうなぁ(苦笑)。
 報道の仕方自体にも問題があると思いますの。その上、それを見る側の見方にもね。垂れ流される報道でも、受けて側もしっかりせねば。なのですよね。

投稿: はや | 2005/08/12 09:54

こんばんはー。

残虐なゲームでも、殺人事件のサスペンスドラマでも、忌わしい事件の報道でも、何にしろ、それを見ている時に
「これはイケナイことなんだ。」
「これは間違っていることなんだ。」
って思うこと、それが必要…というか当たり前の感覚なんですよね。

それを大人が子供に教えるべきなのに、放棄して、「ゲームのせい!」「テレビのせい!」は、無いですよね…。

投稿: かんげ | 2005/08/12 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/5408625

この記事へのトラックバック一覧です: 「反語」です、「反語」。:

» 今度は「小説規制」が始まるのかな? [閣下の憂鬱]
リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 「乱歩に影響受けた」自殺サイト殺人の前上容疑者最近のマスゴミやパフォーマンス重視の自治体首長の傾向を見ると凶悪犯罪を犯した犯人が「○○の影響を受けた」と自白したり警察が「こんなゲームを押収した」「インターネットにハマっていた」という発表をすると、事件とその動機の本質を分析する事を全くせずにそれらの内容に責任を押しつけて「ゲームを規制しろ」とか「ネット規制を導入しろ」とか始まるのが常。それから考えると、今度は「こんな殺人方法が書いてある小説などは危険で... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 20:11

« 佐々木、このまま引退しちゃうの? | トップページ | 「じいさまとばあさまの…。」 »