« 最近の『sakusaku』へ寄せて。 | トップページ | オレはまだまだ青二才。 »

2005/08/19

バドミントをもっとメジャーに、メジャーに!

来週発売の『週刊少年ジャンプ』9月5日号に、「スマッシングショーネン!」(大竹利明)というバドミントンをテーマにした読み切りギャグマンガが掲載されていた。

バドミントンモチーフのマンガなど、『バドミントンマガジン』の「がんばれ!南郷くん!!」他バドミントン村のごくごくわずかな人間が見るものしか知らなかっただけに、このことはバドミントン界“少年ジャンプでの奇跡”と呼ぶことさえできるだろう。

ただ、その内容は疑問符のつくものであったが…。

…まぁ、メジャー化への第一歩、第一歩。

こんなハズじゃないのだけれど…

|

« 最近の『sakusaku』へ寄せて。 | トップページ | オレはまだまだ青二才。 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「イラスト」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

かんげさん、こんばんは。
バトミントン、なぜだか高校の体育の授業でやりました。ラケットも買わされた気がします。確か、ラケットの裏面で打ち返してはいけないんですよね?軟式テニスも同じだったような気がしますが・・・
見た目よりもスピーディーな競技で、スマッシュ決まると気持ちいいんですよね~。持久力も必要だし、ダイエットにはちょうどいいかも、ですね。

投稿: 新橋オヤジ | 2005/08/20 23:34

こんにちは!
そうそう。軟式テニスはラケットに表裏があるみたいですね〜。
でも、バドミントンは大丈夫ですよ。フレームで「コツン!」と打っちゃっても、相手コートに入れば何でもいいんです。

バドミントンの弱点って、”場所を選ぶ”ことですよね〜。
競技として草野球はあっても、”草バドミントン”はムリそうですものね…でも、公園でポチポチバドミントンでもいいんです!
それでもたくさんの人がやってくだされば…!
そしてそのうち、競技のバドミントに目覚めてくださる方が、少しでもいれば…!

新橋オヤジさまも是非、お子さんと、どうぞっ!

投稿: かんげ | 2005/08/22 15:41

私もこれ読みました!
ワンピースとかナルトとかアイシールド21とか、TVで見ているお話の先が気になって、たまたまこの号買ったんです。
私も”あぁ。バドミントンの漫画なんて珍しい!”って思いました。
他のスポーツは、アタックNo1とかキャプテン翼とかエースをねらえとか、人気が出るきっかけになった漫画がありましたもんね。
今やってるアイシールド21なんかも、TV見てて面白いし、アメフトやろうかな。。なんて人増えてくるのかな?
やっぱり、アニメの力は大きいですね。
でも、まずアニメ化の前に、連載が始まらないと。。なんですよね;
漫画にもあったけど、バドミントンって本格的にやるとすごーーくハードなスポーツなのに、まだまだ公園で子供やカップルがするものってイメージが強いっぽいですよね。
ほんと、足とか筋肉すごいつくのにね;w

投稿: platinumnail | 2005/08/24 21:24

platinumnailさま、ようこそ〜。

ホンっト、めずらしいマンガでしたよね…しかし頭に鳥が集まってきてしまうという特殊能力の持ち主のマンガって…がく。

そうなんですよね!スポーツのヒットは、少年少女から、そしてマンガから!!アニメからっ!!
後は、「康介」「ミキティ」「藍ちゃん」のように、世間を騒がすスポーツマンが出てきてくれたりすれば…もしかしたら…。

もしくは「日焼けしないスポーツ」でバドミントンブームおきないかな…。

投稿: かんげ | 2005/08/25 13:44

バドミント、最高っ!!

投稿: のぐち | 2005/10/12 19:24

のぐちさま、ようこそ!

おっおー。力強いお言葉っ!
最高っ!!

投稿: かんげ | 2005/10/13 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/5543638

この記事へのトラックバック一覧です: バドミントをもっとメジャーに、メジャーに!:

« 最近の『sakusaku』へ寄せて。 | トップページ | オレはまだまだ青二才。 »