« まだ何も済んじゃいないだろう橋本オラッ、エーッ!(蝶野風に) | トップページ | 信用は失墜するけれども、権力は無くならない。 »

2005/07/13

だから、プロレス。

月曜日の『報道ステーション』内で、橋本真也の訃報に関して古館さんが、「橋本選手は殉職ではないか。」と発言した。
これに関して賛否両論が巻き起こっているらしいが、プロレスを知らない人には一方的に「プロレスに殺された!」と聞こえるあの言葉も、プロレスファンにしてみれば「プロレスラーはここまで命はって戦ってるんだぞ!」というプロレス界から世間へのメッセージに聞こえてしまう。

発言した本人の真意は定かではないが、その時「古館さんは何を言うだろうか…。」と思いながら『報道ステーション』をしっかり見ていた者としてはその発言はやはり後者に捉えられ…あの短い時間の中で、プロレス界の財産を失った悲しみをファンと共に共有し、危険技の多くなったプロレス界への警告をし・そしてプロレスの凄みを世間へ伝えていた古館さんは、やっぱり今でもプロレス村の住人であったなぁ、と嬉しく、納得したのであった。


プロレスには他の格闘技に無い、“受け”と“ショー”の要素があるため、多くの人に誤解を受けやすい。
だからプロレスラーも関係者も、そしてファンも、プロレス村の住人達は常に世間の目や誤解と戦ってきているため、こういった時に連帯感や仲間意識が結ばれやすいのだ。
そのため、橋本の死をまるで身内の不幸のように悲しみ、古館さんの言葉に大いに勇気づけられるのである。


誤解を受けやすい“受け”の要素があるから、だからプロレスラーは強い。
人間の真の強さとは、打たれても打たれても立ち上がり、逃げることなく全てを受け止められる強さである。

誤解を受けやすい“ショー”の要素があるから、だからプロレスは素晴らしい。
戦うだけなら誰だってできる。自分が満足するだけだったら誰だってできる。
そこにお客さんがいることによって、戦いの中に感動が生まれ、プロレスは他の何よりも崇高で、同時に難しい格闘技になる。

プロレスラー、特に橋本のような超一流のレスラーは、プロレスを通じて多くの人の心を動かしてきた、貴重な存在。
…だからやっぱり、今日も悲しいのである。

(〈トラックバック〉●「古館伊知郎の言葉」05・7・12『雷座の部屋』

|

« まだ何も済んじゃいないだろう橋本オラッ、エーッ!(蝶野風に) | トップページ | 信用は失墜するけれども、権力は無くならない。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

まずは橋本選手に合掌ですね;;
しかし40才は早すぎ。
残った三銃士の武藤と蝶野には頑張って欲しいな、ホント。

私も最初プロレスなんて、ただのショーじゃん!?
K-1とかの方がガチンコで面白い!!
……とか思ってたひとりですが^^;

K-1やプライドなんかは、相手のパンチやケリをよけれるけど、プロレスは技かけられるのわかっていて、あえてそれを受け止めてやり返す美学?に私は心惹かれます。
まさに命はって戦ってるんだぞ!ですよね。

橋本のチンギス・ハーンみたいなキャラ(名前忘れた)も、もう見れないかと思うと残念です><

投稿: サメ子 | 2005/07/14 12:39

合掌…”ハシフ・カーン”でしたっけ!?
よくご存知で…変なキャラー!

「人生50年!」ってよく言いますけど、それよか10年も若く…プロレスラーはなんでこう短命な人が多いんでしょ…プロレスラーはみんな、猪木が逝くまで逝っちゃダメだ!
武藤蝶野にはホント、まだまだがんばってやって欲しいですね。


「…ゴメン私、他に好きな人ができたの…。」
「うんわかった。でもオレはずっと好きだから。」

…カッコいいー!受け止めてる!!
プロレスラーからはこんなカンジの「強さ」を感じるんです。器量があるというか、懐が深いというか。
やっぱプロレス最高っス!

投稿: かんげ | 2005/07/15 13:11

”ハシフ・カーン”
うはは!なんかそんなのそんなの!
違う意味「グレート・ムタ」より強烈(笑

例え話上手いかもー^^
そんな感じだよね、プロレスって!
あぁでもごめん!最近見てないんだけどね(;´∀`)

投稿: サメ子 | 2005/07/15 19:02

こんばんは。
小橋のコメントではありませんが、今日は
橋本の死を乗り越えて進んで行かなければ
ならないプロレスの大イベントですね。
G+にかぶりつきで観戦です。
いやぁ、楽しみです。

投稿: はっしー | 2005/07/18 00:41

サメ子さま、こんにちは。

見て見て!もっと見て!!
今日は東京ドームで三沢×川田ですよー!!

日テレでもやるんで…見てくださいっ!
というわけで…行ってきまーす。(ドキドキ)

投稿: かんげ | 2005/07/18 12:53

はっしーさま、こんにちは!

「リングでお祭り騒ぎして弔ってやるのが、イチバン橋本が喜ぶんじゃねぇかぁ。」
みたいなことを坂口さん、言ってましたもんね。

橋本のおかげで、何かプロレス界が盛り上がるような気もします。


と、いうわけで…これから歴史の証人になりに…ドームへ行って参ります!(テンション上がってます)

投稿: かんげ | 2005/07/18 12:55

おぉ、現地行かれてたんですね。
ブログが楽しみです。
勝敗予想していたんですが、メインは全く
逆の結果に(苦笑)。
小橋-健介でベストバウトは決定ですね。

投稿: はっしー | 2005/07/20 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/4956236

この記事へのトラックバック一覧です: だから、プロレス。:

» 古館伊知郎の言葉 [雷座の部屋]
7月11日(月)の報道ステーション。 郵政民営化のニュースの後 「次のニュースですけれども わたし この人 よ〜く知ってます。 本当にビックリしました。 プロレスラーの橋本真也選手が亡くなりました。 まだ…40歳でした」 ここで元気な頃の橋本選手の映像と坂口相談役や蝶野選手、小川直也のインタビューなど。 「ま、お医者さんは、あの〜、プロレスとまったくこの死因とは関係ない、と言っているようですね。... [続きを読む]

受信: 2005/07/14 11:14

« まだ何も済んじゃいないだろう橋本オラッ、エーッ!(蝶野風に) | トップページ | 信用は失墜するけれども、権力は無くならない。 »