« スターウォーズすげー! | トップページ | 危うしルパーン! »

2005/07/04

天覧試合

 ミスタースマイルが、ファンの前に帰ってきた。
 昨年3月4日に脳梗塞(こうそく)で倒れた長嶋茂雄氏(69=巨人終身名誉監督)が3日、東京ドームで巨人−広島9回戦を観戦した。
 同氏が公の場に姿を現すのは、倒れる2日前に「燦燦(さんさん)会」に出席して以来488日ぶり。右手にまひは残るが、以前と変わらぬ笑顔でこたえた。
 試合は巨人が敗れ、自身は今後も厳しいリハビリテーションが続くが「球場は気持ちいい。勇気をもらった」とコメント、また訪れると約束した。(05・7・4『ニッカンスポーツ』

巨人嫌いの私でも、長嶋茂雄はすごい人だというのはわかる。
プレイヤーとしてもそして人間としても純粋で魅力的で、使い古された言葉だけれども“カリスマ性”に溢れた、唯一無二の人物である。

だけれど…なぜ彼をそこまで話題にし、たてまつりあがめるのか。
もちろんその理由は人気の低迷する巨人戦およびプロ野球のため…
言い方は悪いが、“客よせ”の一言につきるのだろうけれど、ファンもマスコミも、そして選手までもがまるで神のように長嶋茂雄を敬いまくっているのを見ていると、“プロ野球の危機”を感じずにはいられない。

グラウンドであれだけ選手ががんばっているのに、スポーツ新聞の1面は長嶋茂雄。
スポーツニュースも長嶋茂雄。
ワイドショーだって長嶋茂雄。

おいしいところは全部長嶋茂雄、なのにみんな
「おかえり!長嶋さん!」
「長嶋さん見たら涙が出そうになりましたわ〜。」
…なんじゃいそれ!
いいのかそれで!?

まるで「どんなに試合が盛り上がっても下がっても、結局猪木さんが『ダー!』で締めてしまう…。」新日本プロレスのようである。

圧倒的なスター性の前では誰もがすさんでしまうのはわかるけれども、せめてこの現状を歯がゆく思い、これからのプロ野球界のことも考えている選手は、特にジャイアンツにいるのだろうか。


それに…長嶋茂雄が輝くのはドームの座席ではなくて、やっぱりグラウンドだと思うのだ。
今度こそリハビリ中の姿ではなく、完全復活したミスタージャイアンツで、ファンの前に現れて欲しい。

|

« スターウォーズすげー! | トップページ | 危うしルパーン! »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロ野球」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
長嶋選手の引退の中継、覚えています。ばあちゃんが真剣に見ていたので、一緒に見てました。
今回の観戦での収穫は、こんなに歩けるんだ、っていうことではないでしょうか。すごい回復なのではないでしょうか、これって。
早くグラウンドに戻ってきてほしいです。
ちなみに、新橋オヤジの脳の精密検査を担当してくれた女医さんが、長嶋さんと一緒に野球見ていたのにはびっくりです。

投稿: 新橋オヤジ | 2005/07/05 23:40

こんにちは〜。

長嶋さん、あのポケットに入れたままだった右手がなんとも痛々しくて…。
でもあの歳で、あの短時間で大病をあそこまで克服して、そしてあれだけの大舞台に出て行っちゃうのは、本人のサービス精神なんだろうなぁと思います。

例え今回のことが、裏で読売グループの上が長嶋さんを、”客よせ”として利用したものであったとしても、表舞台に引っ張り出された本人が「ファンのためなら。」と純粋に思っているようなので…それが救いですね。


えっ、女医さんって、こないだドームでミスターの前に座っていた女性ですか!?
「愛人…じゃねぇよなぁ…さすがに。」
と思っていたんですが、お医者さんだったんだ!

投稿: かんげ | 2005/07/06 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/4827367

この記事へのトラックバック一覧です: 天覧試合:

« スターウォーズすげー! | トップページ | 危うしルパーン! »