« 大昔に日記にも書いたんですが… | トップページ | ノアのジュニアは最強ですね。 »

2005/06/05

ウメ

我が家とお隣さんの家には、3本の梅の木がある。
大きな1本は、ウチ。中くらいの2本は、お隣のおばあちゃんの家だ。

お隣のおばあちゃんは、私が小学校に上がった時くらいからだろうか。毎年この時期になると、「かんげちゃん、今年もお願いしてもいいかしら…?」と、わざわざ私のところまでその梅の実採りを頼みに来てくれ、そして仕事が終わると、「ありがとう。」とお駄賃をくれるのであった。
小学生の私のとってそこは、いい小遣い稼ぎの場であった。


それなりに私も成長し、中学生になっても、高校生になっても、そのアルバイトは続いていた。
もっとも、どちらかといえばそこは毎年恒例・年に1回の貴重な、おばあちゃんとの交流の場であった。

私が木の上で、おばあちゃんは木の下で、
「最近学校はどう?」とか、
「将来は何を目指してるの?」とか、よく聞かれたものだ。


3本の木のうちイチバン東側にあるそれは老木で、その木を見上げながら「来年も実をつけてくれるかねぇ…。」とおばあちゃんが呟いていた、それが7年くらい前の今頃であった。

その年の冬、おばあちゃんはガンで亡くなった。

しかし冬が明けて訪れた梅の季節に、老木はまた花を咲かせ、実をつけた。

今年だってたくさんの実をつけた。


たぶん木に登れなくなるまで毎年、このアルバイトは続けることだろう。
そして毎年、同じことを考えるのだろう。
7年前と違うことは、そこに仕事の依頼者がいないことと、仕事終わりの昼ビールが追加(1人で勝手に)されるようになったことだ。ゲフッ。

梅酒か梅干し

|

« 大昔に日記にも書いたんですが… | トップページ | ノアのジュニアは最強ですね。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
老い行く自分の姿と、梅の老木を重ね合わせていたのかも知れませんね。
来年も梅を採ることが出来るだろうか、と。
お互い頑張ろう、と。
きっと毎年おばあさんは天国で楽しみにしてくれてますよ。
我が家には梅はなかったですが、毎年ばあちゃんが梅酒作ってました。
今でも梅が出回ると思い出します。

投稿: 新橋オヤジ | 2005/06/09 13:41

新橋オヤジさま、ようこそいらっしゃいませ!

今年は梅が豊作で…特にお隣さんの木は、枝も切らずほったらかしにしているのに、手入れしている我が家の木よりも実をつけました。
だから今年はなおさら、色々と思うところがありましたぁ。

あっウチでも梅酒と梅干しをつくってます!
我が家のばあちゃんはまだ健在なので、大量の梅をご近所に配りまくっています。


※いつもブログ拝見しています~。更新、頑張ってくださいね。
そうそう。私の母が若い頃、ピンクレディーのファンでした!

投稿: かんげ | 2005/06/09 18:39

立派に実ってますね。梅干し、梅酒にすると旨そう。
できれば剪定なんかもしてあげると、長く実をつけ続けてくれるでしょう。
大事にしてあげてください。

もっぷはじいちゃんもばあちゃんも亡くなっていません。
なんとなくしんみり。

投稿: もっぷ | 2005/06/11 01:11

こんばんは~。
梅酒、飲み過ぎないようにしないと…。

「~梅切らぬ馬鹿。」でしたよね。
お隣さんの、ほったらかしなのに実がなる梅は、ほったらかし落ち葉がどんどん堆肥になってるから…かなぁ。

投稿: かんげ | 2005/06/12 03:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウメ:

« 大昔に日記にも書いたんですが… | トップページ | ノアのジュニアは最強ですね。 »