« 頭…そして下半身…。 | トップページ | 情報の発信ってお金がかかるものなのね。 »

2005/05/13

プロレスへの愛情があるかないか。

明日がどうやら新日本プロレスのドーム大会なのだそうである。
行かないけれども、やっぱり注目は永田裕志。前田絡みね。

でも前田、前田って、プロレス界の住人達は騒ぎ過ぎだと思う。
“低迷するプロレス界の救世主”とまで言っていた人もいたけれども、前田自身だって自分を元プロレスラーとは思っていないだろうし、プロレス界の救世主になる気なんてさらさらないだろう。
やることといったら初期のPRIDEみたいに、総合(前田曰く)やる外人連れて黒船となって、プロレス界をかき回すだけのこと。
結局のところ、プロレスラーを食い物にするだけなのだ。

今や人気のある所属選手も誕生して、ブランドができあがったPRIDEも、その初期はレスラーを招聘して、プロレス界に頼るしか無かった。集客の面で。
あの頃は…辛かったなぁ。次々にプロレスラーがPのリングに流れて行くのだから…もしかしたら今、純粋なK1ファンは同じこと思っているかもしれない。
とにかくだからもう、あの頃と同じ過ちは、くり返しちゃイカンんのだよ!

第一、プロレスを否定して出ていった人をなんで今更暖かく迎えなきゃならんのだ!…馬場的思想ですよ。私は。


永田もヒョードル戦で株を落としてから、地道にプロレスをやってきて、ようやくプロレスも一流になり、ファンからも認められるようになったばかりだというのに、もうどうでもいいところと交わる必要性は無い。
第三世代のプロレスは未だに完成していない。あの世代はあんなにいいレスラーがたくさんいるのに、もったいない!今はその完成を目指すべきだと思う。
そういった意味では“アマレス三銃士”の結成と、中邑・棚橋の存在はいい機会だと思うのだ。

あした、カシンと中西…うまくいきますように。

|

« 頭…そして下半身…。 | トップページ | 情報の発信ってお金がかかるものなのね。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/4111372

この記事へのトラックバック一覧です: プロレスへの愛情があるかないか。:

« 頭…そして下半身…。 | トップページ | 情報の発信ってお金がかかるものなのね。 »