« 近きて遠し、我が母校 | トップページ | あったか! »

2005/03/07

『ちびくろさんぼ』復刊へ

“意図しない差別”は、もちろん存在すると思うけれど、制作者が意図していなかった分だけ、そしてそれが魂のこもった制作物であればあるほど、そこに論議というものが必要だ。

有無をいわさず断罪してしまうのはフェアじゃない。
制作者に対する差別にもなりかねない。

今では昔みたいな盲目的だった差別についての考え方も、変わってきているだろうし、もうそういう時代で無いと思う。


ちょっとした機会で先日、『ちびくろさんぼ』よりもずっと昔に同じような経緯で幻になってしまった、『ウルトラセブン』の12話を見た。
…なんてことはない、いつものウルトラセブンだった。


ちょっとしたことで傷つくから、人は人なのだけれど、またそれで同じく傷つけ返してしまうのはおかしい。
一方的な判断で日の目を見られなくなってしまったスペル星人は、泣いていると思う。

|

« 近きて遠し、我が母校 | トップページ | あったか! »

「ニュース」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/3320027

この記事へのトラックバック一覧です: 『ちびくろさんぼ』復刊へ:

« 近きて遠し、我が母校 | トップページ | あったか! »