2017/05/19

くりかえす

保育園が始まってからというもの2週間に1回はカゼをひいているわがこ。
と、そこから、さらに股にかけそれをもらってしまう我が家族。

今週は結構重症化し、月曜日にひどい鼻水と目やにに襲われてしまう。
ゾンビのようなドロドロの目で寝返りをうつ赤子の姿に驚いてしまった。

目がーっ


そしてそれが火曜日水曜日になると39℃近い発熱に…!


と、いうわけで、毋父でお互い1日ずつ仕事を休み看病につくことになった。


朝からつきっきりで目の前でゼィゼィ苦しんでいるわがこの姿を見ていると…陽が傾くにつれ…同じ症状に自分がなってくる…!

…うつったー!


「代われるものなら、代わってやりたい。」
なんてこれっぽっちも思ってなかったのだけれども…。


とにかく今週はこれらのことに振り回されっぱなしの1週間だった。

朝からフキゲン


シューマツ突入の金曜日。
おかげさまで無事に子どもの熱は引き、残ったのは、父にうつったカゼだけである…ゲホゲホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/14

剛腕継承

閑静な南青山に肉々しい2人が降臨!

「BURNNING Spirit 伝承トークバトル」、小橋建太×関本大介が開催された。

夢のトークバトル!


プロレス界随一の肉体派の両者。

言葉で語るより…この上腕二頭筋を見ろ!この広背筋を見ろ!そして感じろ!!
という2人のため、爆発的に盛り上がるとかキワドイ会話があるということはない、のは容易に想像できたこと。

(小橋建太)「関本くん、リング上であれだけ躍動感があればいいんだよ。リング下でどれだけ足が遅くたって、鈍くたって…。」


しかし同時に、誰よりもプロレスに真摯な両者。

ゆっくりと自分や互いの言葉を確かめかみしめ、心からのものを出す、そんなトークショーとなった。


(小橋建太)「(今現役だったら誰と戦ってみたいですか?の問いに)やっぱり関本大介。もうね、前から後ろからチョップをバシバシ叩き込みたい。」
(関本大介)「えぇ〜…想像しただけで…!」

独特のリズムで会は進む


ほのぼのとした流れの中、突如熱い会話も。

昨年小橋さんのフィニッシュホールドであった“バーニングハンマー”を使用した関本に対して。

(小橋建太)「今、バーニングハンマーがイチバン似合う選手が関本くんだと思う。だからこそ、自分が持っていた“覚悟”をも継承してもらいたい。相応しいと思うからこそ。」


関本→小橋はもちろん、小橋→関本も…お互いをリスペクトをしている、とてもいい雰囲気であった。

ステキな2人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/13

『土曜スタジオパーク』で見たあだっちぃーの顔が超小さかった

今日は友人のうまや一家と新宿御苑代々木公園か、広い公園でみんなでピクニックをしようという予定になっていた。

しかし昨日から一転、激しい雨…。


と、いうわけで公園は公園でも、“NHKスタジオパーク”に行くこととなった。

雨ェ…


両家とも朝ドラ『ひよっこ』にハマっている最中なので入場してすぐに出会った“『ひよっこ』展”に感激。

みね子ガンバレ!


「ちょうど今朝みね子が見てたすずふり亭のメニューがある!」

「お父ちゃん早く帰ってきてください!」

コロッケから


データベース以外にもなりきりニュースキャスターなどの体験コーナーやキャラクターたち、撮影スポットもたくさんあって、カメラ担当の父たち満足。

やっぱりこの時代

スゲーブスな女みたい…

やっぱりどーも


友人宅の愛娘・ゆっちゃんは1歳半で、ちょうどEテレを見はじめた時期。

ワンワンやコッシーにはしゃいだり、歌のおねえさんと踊ったり、レストランのキッズプレートに舌鼓を打ったりと満喫していてほほえましかった。

ウンバボ!

コッシーは大人気


わがこも見習って、来年は「サボさん!」「どーも!」なんて言いながら一緒に走り回れたらイイナ!

これから朝はEテレになるのか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/12

見た目が100パーセント

「アラ。道ばたにポピー。」
「最近よく見かけるから誰かが育ててるのかな。」

と思っていた可憐な花をつけるこの植物。(↓)

カワイイじゃん


実は“ナガミヒナゲシ”という、まぁポピーと同じケシ科なのだが、どちらかといえば雑草扱い。

1960年代に渡来し以降、爆発的繁殖力で日本中に広まっていて、さらには周辺植物への影響もあり特定外来生物に指定される可能性もあるのだという。


人々の寵愛を受けているものだと思っていたらこんな裏があるとNHKのニュースで知り、驚いたのであった。

きっとそれを知らずに庭に植えたり、一生懸命育てている人だっているだろう。


『人は見た目が100パーセント』なんてドラマが今やっているが、植物も…イヤ、世の中の生きとし生けるものは見た目が100パーセント、なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/11

いい上司とは

昔の同僚がかつて言っていたセリフを今だに思い出す。

「いい上司ってのは、街中を歩いてたら後ろから後輩が声をかけてくるような存在だ。」


…確かに。

もし自分が前に歩いている〇〇先輩を見つけたら、あいさつしに走り寄らないどころか、近づかないようにわざと歩くペースを落としたり、着いた職場のエレベーターが同じにならないようにちょっとコンビニに寄ろうかな、とか思うだろう。

そしてきっと同時に自分も、後ろからそう思われていることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/10

この季節のスタミナ源

毎年この時期を楽しみにしている、店主の故郷・北海道直送の“アイヌネギ”!

おひたしと、天ぷらでいただいた。


とってもくさくてとってもおいしかったー!

少しだけクセが薄れて食べやすくなる


連休疲れ…イヤ日常疲れをブッ飛ばしてもらったのであった。

ドヤ顔店主


“横浜プロレス酒場YAMARYU”、「アイヌネギ祭り」は只今絶賛開催中Death!

レガシー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/09

日常に敗北

火曜日にして疲れがあり、想像以上に“連休疲れ”を感じている。

それもこれも月曜日の夕方に小田急線がダイヤ乱れをし、いつもは空いている保育園へのお迎え・17時台の列車が大混雑だったせいだ。

→←→←…満員電車に1日4回乗るのはさすがに体に不調をきたすことがわかった。


…と、いうことは、今私が抱いているものは連休疲れではなく、単なる“日常の電車疲れ”であったのだ。

あっさりと明けちまった連休と襲いかかる日常で気持ちはわかるけどさ…電車に飛び込むのだけは止めてくれよな!


 8日午後3時半ごろ、相模原市南区の小田急線相模大野駅で、同区に住む会社員の女性(18)が線路に飛び降りた。直後に藤沢発新宿行きの快速急行電車(10両編成)の先頭車両の一部が通過したが、女性は車両床下と線路との隙間に倒れていたため無事だった。
 相模原南署や地元消防によると、女性は両手に軽傷。自殺を図ったとみられる。駅員などから通報を受け、消防署員らがうつぶせに倒れていた女性を隙間から引きずり出して救助した。
 小田急によると、電車は約1時間後に運転を再開。約2万人に影響があった。(共同)
 (17'5.8『nikkansports.com』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«連休最終日…