2017/06/21

リアルお助けマン

引き続き2週間に1度、効果テキメン保育園で感染症をもらってくるわがこ。

もはやこのブログの「育児」のカテゴリーは病気の報告書のようだ。


先週の木曜日にも突如高い発熱。

「40℃」を超えるのは初めてで、さすがに体温計でその数字を目の当たりにすると親としても焦るものだ。

冷えピタデビュー


かけ込んだ小児科での診断は、
“プール熱”。

夏に子どもたちの間で流行るというアレを、いち早くもらってきたのだ。
う〜ん、なんて流行に敏感な子なのだろう!


もちろん園はすぐさまお休みし、三日三晩の看病の末、なんとか熱は引いたのだった。


すると今週に残るのは、鼻水、ノドの腫れ、中耳炎…。

本人としては熱よりも痛みの方がシンドいようで、今週のテンションが非常に低く、相変わらず家で養生の日々が続いてしまっている。

早く元気になぁれ…なってくれ…!

耳からは膿


それにしてもこういう時感じるのは、祖父母の存在のありがたみ。

母も父も有事ということで遅刻早退休暇をくり返し何だかんだやりながらも、どうしても2人揃って仕事を抜けられぬ時間ができてしまい…
そんな時に文句も言わずわざわざ片道1時間超かけ来てくれるじぃじとばぁばには頭が上がらない。

もし自分たち3人きりだったらと思うとゾッとするのだ。

(いつまでも元気でいてください)(切実)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/14

ヨコハマ走ります。

───────────────
【重要】横浜マラソン2017【一般枠】抽選結果(当選)のお知らせ
───────────────

このたびは、横浜マラソン2017【一般枠】にお申込みいただき、誠にありがとうございました。

厳正なる抽選を行った結果、「当選」されましたので、お知らせします。
つきましては、下記案内のとおり参加料のお支払い手続きをお済ませください。
★★注意★★ 現時点で、決済は完了しておりません!

---------------
[お申し込み内容]
大会名:横浜マラソン2017
種目名:【一般枠】フルマラソン・個人
---------------

と、いうわけで、フルマラソン化して3年目を迎える“横浜マラソン”に当選した。

その高い抽選倍率と、現に今年も市民の友人・STRくんが市民枠・一般枠共に落選したという報を耳にし、
「どーーーせ当たりっこないんだよーーー!」
と叫んでいたというのに、自分だけがエントリーしてしまい驚いている。


自分の前回のマラソンは“東京マラソン2011”

以前にも書いたが、あの頃は今ふり返っても肉体的にも精神的にもちょうど成熟したところで、大した練習もせずに参加し、4時間ほどでフワッとゴールにたどり着いていた。


しかし、今回ばかりはそうはいかないということは絶対的にわかっている。

すっかりヘタった筋持久力と、雨が降ると痛むヒザ周りの筋肉を鍛え、当日、なんとか無事にゴールを切りたいと思う。

そのためには今までやってきた以上に練習…しなきゃな…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/13

だから選ぶ

都内にあるコンビニの数は7,000超。

特に都心は10歩あゆみを進めれば次のお店に入れるくらいに多い。


だからみんなイチバン近くて楽なところに入る、と思われるかもしれないが、
逆にだからこそ、お店を選ぶというものだ。


ありきたりなコンビニだけれども、人・接客の分野で差が出るというもの。

やる気のなさそうな人ばかりレジに立っているお店
逆にコンビニとしては違和感があるくらい張り切っている人が目立つお店

カタコトながら一生懸命な大陸系の外国人が並ぶお店

若くてキラキラしている大学生くらいの若者ばかりのお店


結構コンビニの店員さんって、お店ごとにオーナーの意向というか趣味が如実にあらわれるているように思うのだ。


自分も、職場から10歩のところにコンビニがあるが、そこはどうも店内に活気がなく…
さらに進んだ次の角にあるところはどうも店員のおばちゃんの一言多い接客が苦手で…

結局、3軒先まで足を運んでいる。


お店×客は結局のところ人×人。

だから相性というものがあり、こんな環境だからこそ、選ぶのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/12

時代が人をつくる

いわゆる“バブル”の時代に社会人としてそれなりのハデな生活を送った経験のある人は、今がどんな状況にあっても、いまだに自信満々で自分の意見は曲げないし、自分には多大な価値があると絶対的に思っている、という雰囲気をひしひしと感じることがある。

これはそれ以降の時代の人間にはあまりないもので…もちろんバブルの頃しがない学生であった自分にも存在しなく、だからこそ強く感じるのかもしれない。

「あぁ、もう根本的に生きる姿勢が違うな〜。」
と、いい意味でも悪い意味でもなく、そう思うのだ。


“新人類”とか“ゆとり”とか、“団塊世代”とか、やはりある程度時代が・その環境が、人を形成するということはあるのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/11

なつかしポップ

とてもいい商品だと思うのに最近すっかりお店などで姿を見かけなくなり、残念に思っていたものがある。

それがコレ(↓)

コレだよコレ!


火にかけてつくって食べるポップコーン!


できたてのおいしさ
つくる楽しさ
コーンのはじける瞬間を見られるサイエンティフィック

様々な面において優れたものだと思うのだ。


自分も子どもの頃、よく母親に買ってもらい、2人でガスコンロの前でゆっくり振りながらつくったものだ。

こんなステキな商品が、なぜ今あまりスーパーやコンビニに置いてないのだろう…
久しぶりにBBQ場の売店でコレを見て、感動したのであった。もちろん炭火でゆっくり振りながら…ポンポン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/10

何がしたいの!?都知事!

 (前略)
 「東京大改革」を旗印にした小池都知事は、都知事就任以降に築地市場の豊洲移転延期、東京五輪の整備負担見直しなどを矢継ぎ早に打ちだしてきた。そうした実行力が小池都知事の高い支持率につながっていたわけだが、このところ小池人気に陰りが見られるようになった。
 その背景には豊洲問題が膠着していることが挙げられる。いつまでたっても方針を打ちだせず、決められない都知事とも囁かれるようになった。東京五輪の整備費用・開催費用もいったんは削減されたものの、再び膨張する兆しが出てきた。そうした状況のため、定例会見で記者から「大山鳴動して鼠一匹では……」と質問されると「失礼ですね」と気色ばむ一場面もあった。
 都知事選出馬会見でも露呈したように、小池都知事が都政に対して知識がなかったのは周知の通り。それでも、「思っていたよりは、無難にこなしている」(都庁職員)といった評判も聞かれる。
 しかし、豊洲問題と東京五輪といった二大テーマについてはいっこうに進展がみられない。ともに前任者・前々任者などから申し送られてきた負の遺産だけに、小池都知事に直接的な責任はない。それでも選挙戦時から大言壮語していたテーマだけに、小池都知事への大きな期待は一気に落胆へと変わってしまうだろう。全国紙記者は言う。
 「もともと、小池都知事は都政に興味があったわけでも造詣が深かったわけでもない。時の権力者に近づき、“政界渡り鳥”などとも揶揄されたように、とにかく目立つ場所にいたいという気持ちが強くある。そうやって頭角を現してきた。安倍政権になってから不遇をかこっていたから、都知事に立候補したのも目立ちたいという願望が先行しただけでしょう。都政が抱える大きな課題は東京五輪と豊洲市場ですが、この2つが決着すれば、小池都政はレームダックになるとも予測されている。間もなく就任1年を迎えますが、この2つ以外の話題がほしいというのが本音でしょう」
 (攻略)
 (17'6.8『ビジネスジャーナル』

築地移転問題は時に、問題提起をするばかりで、それを何も解決することなく放置し続けている小池都知事

これに決着をつけ、その成果を引っさげ都議選に臨むのかと思っていたら、まさかこれをフワフワさせたまま夏に突入するとは…。


今のことや過去の事象を批判することは、それこそ政権野党と同じで誰にだってできることだ。

そこからの未来の、現実的な、建設的な話が、ここ最近の知事からは全く聞かれないのだ。


就任してすぐの頃は色々な政治的なしがらみや、国民に不利益なこと・説明不足であったことを取り上げ、メスを入れ、フットワーク軽く毎日のように都民の方を向いてメッセージを送ってきてくれていた。

それなのに、今の彼女は一体どこを向いているのだろう。

明朗な姿からはかけ離れた、何をしているのか・何を考えているのかわからない人になってしまった。


できることならもう1度立ち止まり、考え直し、また心から「都民ファースト」と言ってもらいたいところだが…

どこかで肥大し過ぎてしまった自意識があるのならば、それこそ開き直って、

「私は豊洲移転でこんなオイシイ思いをしたいの!」
「これからこうやって自分は政治を時代を牛耳りたいの!」

なんて言ってくれた方がわかりやすく、せめてもの好感度が戻るというものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/09

また1つ、渋谷の灯が消える

渋谷センター街で48年。

“蓼科”、が閉店する運びとなった。

7月21日


理由はママ(88)の健康問題なので(自宅療養中)仕方のないことなのだけれども、それでもずっとこの街を照らしてきた1つの灯が消えるというのは、やっぱりとても、哀しく切ないものだ。

そしてなじみのお店がなくなる瞬間ってのは、何度体験しても、自分の体の一部がもがれたように辛い。

閉店までにボトル入れよか

ありがとうはまだこれから


今、ものすごい勢いで変わりゆく渋谷。

私的にもここ2,3年で急に顔のきくお店が軒並み無くなってしまい、「ここにはもうお前の居場所はないんだよ」と街から言われているような気さえしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«近い将来の鉄道