2019/11/17

おらが街のおまつり

日本で二番目に小さい市の、年に一番の大きいお祭り、“狛江市民まつり”が今年も開幕。

Kannge1911_komafes


この町に越してきたばかりの頃はちょっと覗く程度だったのだが、いつの間にか友人やなじみのお店ができ、何よりここで生まれたわがこが成長するにつれ経験させたいことが増え、だんだんと参加度が増している。


今年はうえのこのクラスメイトのSちゃん一家と共に会場を徘徊。

我が市にかけつけてくれた仮面ライダーゼロワンを応援したり、地元の飲食店の出店を回ったり。

Kannge1911_komafes02

Kannge1911_komafes05


休憩は我が家で。



そんな中抽選に当たり、はしご消防車に乗せてもらう機会に恵まれた。
思った以上に速いスピードで上昇し、気づいた時にはもう市街を見下ろす絶景!

Kannge1911_komafes03

Kannge1911_komafes04


とっても楽しくて気持ちよくて、消防隊員さんも優しくて、いい軽々をさせてもらった。

あと自分が高所に関して平気だということがわかってよかった。

| | コメント (0)

2019/11/16

バランスが

公園でうえのこが描いていた絵。

Kannge1911_illust


向かって左から父、母、妹(の顔)だそう。

Kannge1911_illust02


何か家庭内ヒエラルキーがその大きさに如実にあらわれてしまっている感がある…。

| | コメント (0)

2019/11/15

日菜太選手は伊東軍団員

 2020年2月11日、大田区総合体育館にて開催される『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1』の対戦カード発表会見が14日都内で行われ、本大会に出場する日菜太(33=クロスポイント吉祥寺)が会見に出席し、夢のドーム戦や引退まで限られた試合への意気込みを語った。
 日菜太は近い将来の引退を明言している。最終的な目標の一つに「1.4東京ドーム」と、新日本プロレスの1月大会のリングにキックボクサーとして上がることを掲げているが、今年8月にジョムトーン・チュワタナからダウンを奪われ判定負け。東京ドームへのアピールにつまづいた形となったが、「まだ最後の最後の挑戦として諦めていない」とその意欲はまだ健在。「1.4東京ドームは棚橋!2.11大田区は日菜太!と言ってもらえるように、大田区を自分の力で満員にして、権利を勝ち取って東京ドームに出たい」と再来年こそ東京ドームへの出場の意欲を見せた。
 しかしこの「1.4東京ドームは棚橋!2.11大田区は日菜太!」のキャッチフレーズに記者席から「アブドーラ・小林選手を意識している?」と質問。大日本プロレスのレスラーであるアブドーラ・小林は「ドームは棚橋!文体は小林!」のキャッチフレーズで大会を盛り上げているが、この質問に日菜太は今年11月の大日本プロレス両国大会を観戦していたことを告白。「パクったってばれちゃう」と顔を真っ赤にしながら慌てる様子を見せた。
 しかしさすがに場慣れしている日菜太は気を取り直し、話を軌道修正。「12月文体は小林、1月ドームは棚橋、2月大田区は日菜太と言ってもらえるように」と大会の盛り上げにつなげていくと意気込みを見せた。
 なお、この日菜太の発言にアブドーラ・小林もSNS上で反応。「文体は小林!大田区は日菜太!大キャンペーンやります」と呼応する動きを見せている。
 対戦相手は現時点では未定だが「浮上してきているのはいい相手」と強敵との一戦になる模様。「その相手と戦って勝てたら、ジョムトーンと再戦したい」と8月のリベンジを熱望。そして「この試合を含めて3試合」と公言している日菜太は「世界三強のシッティチャイ・シットソンペノーン、チンギス・アラゾフ、ジョルジオ・ペトロシアンの一角とやりたい」と最終戦で世界最高峰へ挑むロードマップを明らかにした。
 (19'11.15『イーファイト』

「ドームは棚橋、文体は小林、大田区は日菜太」

と大日本プロレスアブドーラ・小林氏より引用の引用を見せ、「小林軍団か!?」と揶揄されたキックボクサー日菜太選手であるが、彼がデスマッチドラゴン・伊東竜二氏と盃の契りのある自他共に認める伊東軍団員であることは数年前より一部の人が知る事実である。(そもそも伊東軍団というユニットは存在していないのだけれども)

日菜太が両国に、伊東がホールに、お互いの試合を観戦に足を運んでいるところも目撃されている。

と、いうわけで、写真は先の“両極譚”観戦中のところわがこを撮っていただいた氏。

Kannge1911_ryougokutan


誰よりも業界の盛り上がりや発展のことを考える彼は、やはりキック界を照らす太陽だ。


それにしても。

自分と同世代だったり、自分がド真ん中で応援し続けてきたアスリートが、自らその人生の幕引きを意識している姿というのは胸にくるものがある。
だからこそ、目を見開き見届けなければいけないのだろう。

| | コメント (0)

2019/11/14

シケナイ

乾燥剤のネーミングセンスが激しくハイセンス。

Kannge1911_shikenai

| | コメント (0)

2019/11/13

メッセージ

生活拠点を大阪に移していたプロレスラー那須晃太郎氏が昨年より帰京、かつて定期開催されていたナスリンお手製のカレーをただ食べるイベント、
“ナスリン☆カレーナイト”
が久しぶりに復活した。


Kannge1911_nasurin


近く自主興行も控えているためホストはエネルギーに満ち溢れていた。

と、いうわけで、カレーもお肉ゴロゴロのパワフルカレー。
おいしかった!

Kannge1911_nasurin02


ちなみに今夜は新宿二丁目で開催していたため、当該カレーをテイクアウトして歌舞伎町へハシゴ。

Kannge1911_nasurin04


“スタンリークラブ”にてU-FILE時代の先輩・竹田誠志氏がメインイベンターとしてカウンターに立っているためだ。

Kannge1911_nasurin03


かつてプロレス界には長州から大仁田への“汗つきTシャツ”のメッセージがあったが、今夜那須から竹田への“汗入りカレー”のメッセージを、永島のオヤジの気分で手渡した。

長丁場のイベントの終盤でかなりでき上がった状態であったクレイジーキッドはこの熱きメッセージに対し、「ウマイウマイ」と純粋に舌鼓を打っていた。

| | コメント (0)

2019/11/12

アッパレ!ミニストップ!

夏頃にコンビニ大手ミニストップが、

「おにぎりを常時100円(税抜)にする」

と発表した時、

「どうせ子どもの握りこぶしくらいの小ささになるんだろう」

と、思っていたのだ。


ところがいぶかしげにお店に行ってみたところ…

\ドン!/

Kannge1911_onigisi


ちゃんと他社と同じ一人前の大きさで、先の発言は撤回、「やるじゃん!ミニストップ!」と唸ったのであった。

| | コメント (0)

2019/11/11

ついに初体験

ついに

今夜

初めて言われたのだ。


若い女の子に。


「お父さんと同い歳」

って!

| | コメント (0)

«お子さまのプロレス観戦デビューならココ!