2018/04/04

ガチャピンとムック

 BSフジの人気教育番組「ポンキッキーズ」が、この春のテレビ改変期で45年の歴史に幕を閉じた。
 番組終了に合わせて、マスコットキャラクター・ガチャピンとムックのSNSやブログも閉じるようで、4月2日に最後のメッセージを投稿した。
 この日は、前身番組「ひらけ!ポンキッキ」の放送開始日で、ガチャピンとムック2人の誕生日でもある。
 ガチャピンはツイートに2人のツーショット写真を添え、「今日は、ぼくとムックの誕生日。そして、お別れの日」と投稿。「みんな、今までどうもありがとう。本当にありがとう。また、どこかで会おうね。絶対に会おうね」と再会を約束した。
 ムックもFacebookで2日、「きっとどこかで会えると信じています!これまで、応援ありがとうございました~。わたくしたちは、これからも前に進み続けますぞ~!」とさらなる飛躍を誓った。(後略)
 (18'4.2『HUFFPOST』

日本に1人でも子どもがいる間は、ガチャピンとムックは番組のカタチを変えれども永遠としておいてもらいたかった。

以前ガチャピンとムックのイベントに参加した時、とても楽しかった。

ガチャムクをはじめスタッフのみなさんも含め、“一座”といった雰囲気で、和気藹々としていて、結束感があって、優しくて。


なんならみんなでフジテレビなんかを出て、もっと大切に扱ってくれるメディアに移籍してもらいたい。

彼らには子どもたちにとって、いつもそこにいる存在でいてもらいたいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/03

くいしんぼ

ごちそうさました後にもかかわらず父の朝ごはんにも手を出しダメと言われて泣くわがこ。(↓)

食べ過ぎです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/02

崇高なる

弘明寺“プロレス道場”に、プロモーションでプロレスリング・ノア杉浦貴が降臨!

そしてその肩には先日手にしたばかりのGHCヘビーのベルトが!

チャンプ!


チャンプのご厚意で触れさせていただいたのだが、その瞬間、一気に過去のベルトをめぐる光景が去来した。

初代王者決定トーナメントを制した三沢光晴。

秋山準の高らかな主張。
小川良成戴冠の衝撃。

絶対王者小橋健太。
小橋を止め新時代到来を予感させた力皇猛。

2009年6月14日、潮崎豪。

「三沢さんがいない、小橋さん、秋山さんがいない武道館はどうですか?」客席に問いかけた杉浦貴。
たった1人で箱舟を牽引したKENTA。


ここ最近同団体からすっかり離れている自分でも、これだけの記憶が思い出されるのだから…重かった。

とにかく重いベルトであった。

目の前に!目の前にベルトが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/01

サクラも今日で終わりですね

狛江市春の祭典、
“こまえ桜まつり”へ。

いいお天気と満開のサクラ(ちょっと散りはじめ)に恵まれ、盛況であった。

ようこそ狛江市へ


先週はサクラにも目もくれず落ちている石に夢中だったわがこであるが、今日は桜吹雪が目に入ったのか気に入ったのかお花見を楽しんでいた。

お花見いいもんでしょ

終始ゴキゲンでよかった(体調も戻ったし)


せっかくなのでお祭り会場の多摩川団地から遠回りをして、多摩川沿いのサクラも眺めながら帰る。


いい景色


他にも色々な花が咲いていた。

春ですね

小さな花も

紅白


あまりにも早く咲いたサクラになかなか思い通りのお花見といかなかった今年であったが、最後にのんびりしたいい1日を過ごせたように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/31

サクラもあとわずか

昨年に引き続き“神田プロレス”の、「神田明神奉納プロレス」が開催。

私も足を運んでみたが…会場はギッシリの人・人・人でスゴかった。
もう来年同会場でやるのはムリなんじゃないかと思わされるほどの盛況であった。

「浅草プロレスを旗揚げしてやるぞー!」(雷神矢口)


神田明神の正門横のサクラはすでに散りはじめていて…本当に今年の桜前線が早かったことを感じた。

スカスカ…


その後幡ヶ谷での飲み会に移動。

ここの桜はちょうど満開、というところでゆっくり夜桜を満喫できた。

エキチカ


さぁ、サクラももうあとわずか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/30

感謝しかない3月最終日

今週からわがこが無事に保育園で進級した。

しかしながら環境の変化に弱い子どもなので急に変わった教室に戸惑い気味…来週からは新しく入ってくる同級生もいるし、しばらくは登園に時間がかかりそうだ。
じっくりゆっくり。

Kannge032018usagi


そして今日は2017年度の最終日でもある。

娘のクラスメイトにも、親の仕事の都合や、兄弟と同じ園に通えるようになる、などの理由で今日をもってお別れとなる子もいて、とにかく寂しかった。

そして、先生も。
お世話になっていた先生の辞令がそこそこ前から掲示板に張り出されていたようなのだが母も父も気づいていなく、今日おむかえの時にようやく本人から知らされ、お互い涙を流して別れを惜しんだ(遅)という話がおよめさんから残業中に伝わってきた。

1年間お世話になった先生方はみんな優しくて、明朗でいながら控えめだった。
上記の件でもそうだし、
「子どもたちの園での様子」の写真を見ると、もっと子どもが先生たちと仲よくしている写真も見たいというのに彼女たちは全然写り込んでいない。

子どもたちを主役としてくれ、しっかりと見て、いいところは褒めてくれて、伝えてくれて、親としてもとても頼りになり助かって、感謝の言葉しか浮かばないのである。


何というかこの心がチクチクする“別れ”というイベント…久しぶりだ。

すっかり淀んだ職場という自分の環境では味わうことのできないものに、まさか子どもを通して体験できるとは思っていなかったので、寂しくもあり嬉しくもある複雑な気持ちだ。

チューリップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/25

ダイエー向ヶ丘店はレトロで巨大ショッピング施設のはしりのような雰囲気でステキだった

 東京管区気象台は、24日午前10時過ぎ、桜(ソメイヨシノ)の満開を発表しました。平年より10日早く、昨年より9日早い満開です。東京の満開は1953年の統計開始以来、2002年の3月21日、2013年の3月22日に次ぐ3位の早さです。今年は3月17日に開花後、7日で満開を迎えました。
 (18'3.24『tenki.jp』

土曜日に満開ってことは、サクラをゆっくり愛でることができるのは今週の土日と来週の土日の4日間限り(どう考えたってさ来週は葉桜)…焦るぜ…!

しかしながらそんな状況を控え(先週)ながら発熱するわがこ…。

今日は家族で遠出してお花見する予定だったのだが、彼女が病み上がりのため急遽変更、近場の生田緑地に向かったのであった。

東口にも数本


ここのサクラは場所が限られており、枡形山広場がメイン。

結構な坂道をがんばって登ったそこは、みんなが目指す桃源郷。
たくさんの人で賑わっていた。

お見事


見事なソメイヨシノ。

展望台からの眺めも格別であった。

ライフ


「ほうら、見てごらん!」
「キレイだね〜。」

と、サクラを見上げる母と父の足元で、一生懸命下を向くわがこ。

石を拾っては捨て、拾っては眺め、拾っては我々に渡し…完全に“花より石”状態であった。


そんなに石、おもしろいかね!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«感覚と体のギャップが1000%!