2017/01/18

ネットの世界はもう1段階上がるべき

 「会計前にパンを食べる」動画を投稿していたユーチューバーが、ネット上で批判を受け炎上している。18日放送のTBS系朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」ではこうしたユーチューバーの迷惑行為を特集した。
 「チェーンソー男」「おでんつんつん」など、投稿された動画が話題になっているが、番組で取り上げたのは「精算前にレジの前でパンを食べ、それから代金を支払う」というもの。この投稿者はほかにも「回転寿司で皿を取らず、流れているすしをそのまま食べる」「有名人のサインが書かれた飲食店の壁に無断でサインする」など問題作をアップしている。
 番組によれば、この迷惑ユーチューバーは昨年まで芸能事務所に所属していた元芸人だという。番組ではサインした店を特定し、店主への直撃インタビューを紹介した。インタビューで店長は元芸人の知人であり、壁にサインするのも「有名人だけに限っていないので特に問題ない」とコメント。しかも、サインすることを知っていたばかりか撮影にも協力しており、元芸人が「勝手にサインした」というストーリーに仕立てたものだったのだ。
 「チェーンソー男」「おでんつんつん」など再生回数アップ狙いの過激作品が炎上するケースが増えている。コメンテーターのテリー伊藤氏(67)は「テレビはスポンサーとかプロデューサーとかいろいろ制約がある」と説明。迷惑ユーチューバ?については「テレビより面白いものもある。これは止められない。もっと出てきますよ。ユーチューブ側が規制を真剣にやってくれないと、つけあがる」と規制の必要性を訴えた。(後略)
 (17`1.18『東スポWeb』

インターネットの世界に規制は必要ない。

規制にがんじがらめにされたテレビをはじめとする既存メディアと違うもの、それがネットで、そこがおもしろいところだからだ。


こうして誰もが発信できることになり、星の数ほど表現者がいる現状で、周りより目立つために法にかかるかかからないか・他人に迷惑がかかるかかからないかギリギリな部分を狙う輩があらわれるのは致し方ないことだ。


だからこそそこで重要なのが、結局その作り手のセンスと、それを評価する目だ。


同じようなことをやっても、とてもおもしろくなる人もいれば、
一線を超えてしまったり後味が悪かったり不快だったり痛々しかったり…そうじゃない人もいる。

その人によってセンスの差が如実に現れてくるのだ。


そしてそれらを評価する人々の大切さ。

上記のようにおもしろくもなければつまらなくもない、評価に値しないようなごくごくフツーの、何の魅力も才能もない素人の映像などを、炎上などの現象にしても話題にしたくはないものだ。

悪いニュースででも大きく世間に知らしめてしまった時点で、そいつの勝ちなのだ。


リアルの世界ではそうでしょ!?
何か好意的な評価をされることにより人は世に何かを残せ、変な奴はムシされるだけじゃん!


本当におもしろく才能のある人の作品が評価されて、そうではないものは道端の砂利のように当たり前に相手にされない、そういう土壌が早くネットの世界にでき上がってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/17

ピンピンしてるはず

1月に入って、飲み屋さんになだれ込まない夜は外を走っている。
…結果的に週に2回ほどなのだけれども。

今年も1月末に日産スタジアムの駅伝大会に参加するからだ。
(東京マラソンはもちろん落選した)


昨年の同大会以降パッタリと走らなくなり、寒い日などに痛みの実感として“ヒザ周りの筋肉がなくなってきている”というのがあったので心配していたが、思っていたよりもスイスイ苦なく走れて驚いた。


先日などは、

7時半に仕事を片付け真っすぐ帰り
   ↓
8時半から家で缶ビールを開けつつ夕食をいただき
   ↓
10時から10kmちょっと走り
   ↓
11時に帰ってきてわがことおフロに入り
   ↓
深夜までホットラムを飲みながらゲームをする

と、我ながらカンペキな夜を過ごした。(ドヤァ)


なんとなく今日朝から足が異様にダルいのは、その影響と思いたくないところだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/16

「地獄の底から舞い戻ってきたZe!」

持病の悪化による手術と療養で、11月末からお店を休んでいたセンター街の老舗居酒屋“蓼科”のママが復帰。

入院直後は、

「そろそろ潮時かしら…お店たたむ準備しなきゃ…」

なんて落ち込んでいたようだったが、


お客さんたちからの励ましのメッセージ色紙を受け取った途端、

「ここに載ってる人たちを全員招待して復帰祝いをしなくちゃ!2daysで!」

とたちまち元気になっちゃって、


それ以降は、

「病院のご飯マズいー」
「帰りたいー」
「早く仕事したいー」

と院内でギャアギャア騒ぐ問題BBAと化したそう…。


その間1人でお店を切り盛りしてたバイトのゆりちゃんをはじめ、送迎したりお見舞い行ったり寒中見舞いつくったり人生相談に乗ったり、たくさんの常連など周りの人に助けられて…

88歳、よちよち歩きの少し遅れた新年がはじまった。

まだまだこれから

たくさんの「おめでとう」が聞こえてます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/15

天孫降臨

介護施設に入っている祖母のところへお見舞い。

今日いよいよ、5ヶ月のわがこを連れて行った。


前々から赤子の存在を話していたことはいたのだけれども、92歳の本人、いざひ孫を前にして、わかっているのかいないのか…

それでも珍しそうに(?)愛おしそうに(?)手や足をさわったり、ムリヤリヒザの上に乗せると落としちゃいけないとでも思うのか全身をこわばらせていた。


まぁ理解していようがいまいが、その場その瞬間、何かの刺激になっているのだったらいいことだ。

92歳×0歳


驚いたのは、赤ん坊を抱きたくさんの利用者さんたちがあつまるロビーに足を踏み入れた途端、

「わぁ〜。赤ちゃんだ〜。」
「カワイイわねぇ〜。」

「プクプクに太って〜。」
「触らせて〜。」

と、周りからたくさんのおばあちゃんたちがゾワゾワとおし寄せてくる光景!

言葉は悪いがそれはまるで、バイオハザードの世界のようだった…。


さらに遠くの方からは手を振ったり、
中には「ナムナム…」と拝みはじめる人まで…!

コッチは神の天降りかよ!


きっとわがこは滞在してた時間で周囲にエネルギーを振り撒き吸い取られ、1つくらい歳をとったにちがいない。

ものスゴいエネルギーのほどこしの場面に立ち会った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅つきの神のお言葉

先の木曜日、横浜プロレス酒場YAMARYUで開催された“ピッサリナイト”。

首回りが太すぎて小剣の短いネクタイで決めた(この現象めちゃくちゃカッコイイ)岡林裕二が、その怪力で「生搾り“ゴーレム”レモンサワー」をふるまう夜であった。

レモンの繊維の1本1本まで絞る!


そこで聞いた“お餅つき”の話。

プロレス入りの前、自衛隊時代によく餅つきをしていて、そこで鍛えられた。

餅つきは決して力ではない、コツがある。

それをつかんだ今、永遠に餅をついていられる(!)


と、いうわけで、明けて明けて明けて日曜日、

大日本プロレスの道場イベントにて、コレを見ないと新年がはじまらない!
そんなプロ餅つき士・岡林裕二先生のお餅つきに、今年も立ち会うことができた

あいかわらず素晴らしかった。

神の鉄槌

ちゃんこもおいしかったです

よし、新年だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/09

「テレビは悪影響」と初めて思った(シニア層に対して)

今日はお休み。
バンザーイ!

新成人のみなさま、ありがとう。
あなたたちのおかげのお休みです。(晴れてよかったね)


と、いうわけで、なんとなく普段は目にすることのないワイドショーなど平日昼間のテレビプログラムを眺めてみると…

まーつまらない!


説明過多だし、

1コーナーが長々しくリズムはゆっくりだし、

刺激は全く無いし、


シニア層に向けてつくっているのだからしょうがないのはわかっているのだけれども、これをずっと見てたら考えることを停止してしまうのではないかと思ったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/07

二の腕パンパンおじさんおるすばん

「友人と遊びに行ってくる!」

と言ってお昼前からおよめさんがスキップしながら出かけて行った土曜日。


「いいよいいよ!ごゆっくり〜。」

なんて送り出したものの、

恵比寿までの移動(往復)(1時間)+優雅にランチ(1時間半)+どうしてもみたかった映画(2時間)

=その見積もりの結果、少なくとも計4時間半のわがこと2人きりでのお留守番は緊張感がある。


ミルクの準備OK!
オムツ替えの準備OK!
バウンサーの準備OK!
絵本の準備OK!

準備万端で臨んだものの、やはりいざぐずり出すと焦るというものだ。


「今ミルク冷やしてるから!ちょっと待ってて!」

この「ちょっと待ってて!」さえ理解してくれれば楽なのに…。


つくづく、問答無用で赤子を黙らせることができる、

“おっぱい”

というのを装備していない男というのは、はじめから小あやしにハンデを背負っていると思うのだ。


また父は、赤子を寝かしつける技術が未熟なため抱っこするしか方法がなく、あっという間に二の腕パンパンおじさんとなり…

夕方、満身創痍で母の帰りを待つこととなったのであった…。

7kgを超えたもので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«私のプロレス2016