2018/03/11

NHK×幼児

全国各地の食材や郷土料理の祭典、“ふるさとの食 にっぽんの食 全国フェスティバル”が開催されているNHK放送センターへ家族で出かけた。

しかし幼児がいるとなると足はどうしてもNHKスタジオパークの方に向いてしまう。


約1年前、友人家族とここに来た時はまだ理解が追いついていなかったわがこであったが、今やすっかりEテレファン。

母父からチャンネルを奪い毎朝見ているEテレフルコースでの好きなキャラクターは、

『コレナンデ商会』…間田ナイ
『みいつけた!』…オフロスキー
『おかあさんといっしょ』…たいそうのよしおにいさん
『いないいないばあっ!』…ワンワン

と、いうわけで、家の柱にはシールによるよしおにいさんコーナーがあったり、日々「ワンワン!」と叫びながらぬいぐるみとおままごとをしていたりしている。

フラミンゴ〜


会場に着くや否やワンワンのステージショー、さらにはエントランスにはどーもくんがいて家族揃って大興奮。

わがこのどーも拒否反応もおさまりました


大きなガラピコぷ〜の顔を見上げ、

かおーん


コッシーの前で写真を撮り、

ドヤ顔


最終的にわがこは「ここから動きたくない!」とダダをこねる始末となったのであった…楽しめた証拠か。

画面のどーもに合わせて踊る

帰りたくない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初物づくし

薄毛のわがこ。

ずっと仰向けに寝ていた乳児時代にできた後頭部ハゲの影響か、後ろ髪はまばらに伸び、全体的にもスカスカのままであった。

しかしいっさいはんを過ぎてようやく前髪が目にかかるようになり、今日ついに初めての理髪となった。


と、いうわけで、およめさんがお世話になっている美容師さんのところへ朝イチでおじゃま。

強張った顔で母にだっこされながら、チョキチョキと整えてもらったのであった。


その後は開放感からか上機嫌で駅前のハトを追いかけ回し、ファミリーレストランでコチラも初めてのお子様ランチ。

「ポッポー!」


食欲がスゴいので、おもちゃや旗に目もくれずバクバクとチキンライスをかき込むのであった。(野菜は残す)

短くなった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/10

川上さん

神保町画廊、笠井爾示×川上奈々美、『となりの川上さん』写真展へ。

タイトルの「となりの川上さん」というのははじめテレビ東京系バラエティ『マスカットナイト・フィーバー!!!』にて演出家のマッコイ斉藤氏が川上奈々美嬢のキャッチコピーとしてつけたものなのだそう。

おふたりとも在廊でした


「女優の素を見ることができる」
「女性のプライベートを垣間見ることができる」
「あるがままの彼女がここにある」

なんてうたい文句にひかれ写真集やイメージビデオを見てみたら、キメッキメのセットや被写体が並んでいて落胆する、そんな作品に今まで何度も出会ってきていたため、今回も、

「となりってどこだよマッコイ斎藤!」
なんていぶかしく思っていた。


しかしいざ触れてみると、“川上さん”をとなりに感じる作品たちであった。

ロケはほとんどが自宅や自宅の近所。
4年をかけたカメラマンとモデルの付き合いは、仕事と日常や、AV女優と1人の女性の境界をどことなく曖昧にさせた感がある。


特に自分は恥ずかしながら上記『マスカットナイト』で有名になった以降の、昇り調子でハツラツとした“川上さん”しか知らなかったので、マスカッツ以前の何かイチモツを抱えたようなアンニュイな雰囲気の彼女は新鮮で、ここには1人の女優の、女性の、歴史が確実につまっていた。

サインいただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/07

これが佐野直だ

佐野直デビュー20周年記念興行へ。

かの後楽園ホールでの開催で、座席は最前列以外は全て同一料金自由席。
本人は「管理が面倒だったから」とのことだったが…斬新で、お客さんそれぞれの観戦スタイルが如実にあらわれおもしろかった。

前でも後ろでも


インディーで生き抜いてきて20年の氏らしく、今夜彼の名の下に集結したレスラーたちは全く知らない人から何となく知ってる人までインディーレスラーオールスターの総勢58名…いや失礼、その中には田中将斗や葛西純というような今やその枠を飛び出したカリスマや、KENSOのようなメジャー出身レスラーまでいて、改めて佐野直の幅広い交友・レスラー人生を実感させられた。


そしてメイン。

自身が主催の興行だというのに、会場には対戦相手であるカーベル伊藤のファンでいっぱい。
応援パネル、黄色い声援、おそろいの応援ユニフォーム、大量の紙テープ、さらには株式会社カーベルによる試合前のプレゼントタイムなど、主催者間違ってたっけと思うほどであった。

さらにはゴングが鳴ると佐野のくり出す、わかりやす過ぎるヒールムーブにカーベルに疲労の色が見え出すと途端にやさしくなるプロレス。
そしてセコンドに着いた翔太・阿部によるオーバーアクションの完璧なセコンドワーク。

どヒール

中心


最後はズバリとカーベルの必殺技が決まり、カウント3!

これぞ佐野直


まさに接待プロレス極まれ…

イヤ、その時、
「これが興行というものだ!」
「これがオレの生き方だ!」

という魂の叫びが、リング上大の字になる彼から聴こえたような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/06

ウワサのルマンドアイス、上陸

西日本での先行販売を成功させ鳴り物入りで東京にやってきた話題の“ルマンドアイス”を、時流に乗って食してみた。

挿入しただけ


…。

……。


ルマンドがアイスになったのではなく、バニラモナカの中にルマンドが差し込まれているという単純さで、正直評価は難しいものだった…。

ハーモニーとかマリアージュとか、斬新な相乗効果とか、そういうものはなく想像通りの、そのまんまだった…。
物めずらしさで1人が1回手に取ればそれでいいのかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/05

現場でもどかしい

“自分がカラオケで何を歌いたかったか”

ということと、

“自分がTSUTAYAで何の映画のDVDを借りたかったか”

というとは、なぜ実際現場に行くと忘れてしまうのだろう。


仕事をしながら、テレビを見ながら、

「あーあの曲歌いたいなー。」
「あーこの曲自分のレパートリーに加えたいなー。」


散歩をしながら、友人との会話で、

「あーあの映画見てなかった。」
「そんなおもしろそうな作品あったんだ、見たい!」

なんて日々思いつぶやいているというのに…なぜいざ、という瞬間になると思い出せないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/04

思いやり、これだけ

 東京メトロ・千代田線の国会議事堂前駅で2月16日午前8時38分ごろ、停車中の女性専用車両に男性数人が乗車してトラブルとなり、電車が12分遅延した。東京メトロ広報は「それ以上の詳細は、現在調査中」としている。(渡辺一樹・ハフポスト日本版)
 今回の一件との関連は不明だが、「女性専用車両」に反対する男性が、あえて女性専用車両に乗り込んでトラブルになるケースは以前から一部で起きている。ネット上には、2月16日に男性が女性専用車両に乗れるか確認すると宣言しているグループもあった。
 公式サイトによると、東京メトロは、「痴漢をはじめとする迷惑行為の抑止」などの理由で女性専用車両を導入。駅では「女性専用車は、女性のお客様のほか、小学生以下のお客様、おからだの不自由なお客様とその介護者の方も乗車できます」と掲示している。
 東京メトロ広報によると、「女性専用車両のルールには法的強制力はなく、このルールでお願いしますとご理解を求めているもの」だという。千代田線では、朝7時10分に代々木上原/綾瀬を出発する列車から、午前9時30分まで実施している。
 (18'2.26『HUFFPOST』

電車の女性専用車両というものは、法整備や車内カメラ設置などの今後期待される性犯罪対策の着手・実現の前に、何より目の前で困っている女性に一刻も早く安心してもらおうという鉄道各社のとっさの対応なのだと思う。

「あっ女の子困ってる…何とかしてあげたい。」
これで済むことなのだ。


なのでそれにわざわざ文句をつけている男性がいるとするならば、それはもし眼前で女の人が泣いていたら、わざわざツバを吐きつけるような輩なのだろう。


そもそも(自分を含めた)世のオッサンたちは、自分が世の中において気持ち悪い存在・忌み嫌われる存在であることをもっと自覚すべきだ。

自分が満員電車でこんな必死に石ころのようになろうとしているのに、上記のような自分より醜い性格のオッサンども(実年齢はわからないけれども)が堂々とふるまっているのは、身をわきまえよと切に思うと同時にどうにも不公平さを感じるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2nd