2018/01/28

みんな血が繋がってるんだからー!

今日は父主催の親族新年会。

昨年と同じ横浜中華街“同發別館”で。

ここのお座敷個室は、小さな子どもと年寄りと病人のいる我が家にとってとてもありがたくくつろげる。

楽チンです


お店の人もデキる人が多いので安心感がある。


相変わらず絶賛人見知り中のわがこは、会場に着くや否や私に抱きついてしばらく泣き続ける始末。

せっかくじいじやおばちゃんがプレゼントとかお年玉を持ってきてくれたというのに、受け取るものは真顔で受け取って、あとはプイッ…。

オイオイ頼むよしっかりしてよ…親として申し訳ないという気持ちを通り過ぎてかわいそうになってきてしまった。

誰彼構わずいい顔しろなんて自分がそうじゃないから絶対に言わないが、父や母が仲がいい人とか好きな人とかいい雰囲気の人ってのは、早々に感じ取ってもらいたいものだ。

おいしかったオリジナル紹興酒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/27

米騒動

第11回をむかえた“日産スタジアム駅伝大会”今年も参加。

遠い表彰台(もはや関係ない)


何といったって今年はもう、昨年の大会直後からメンバー間で共有したランニングアプリがあるのだ。

キッチリ約束通り週イチ走ってきた人もいれば、月イチの人間もいたり、逆にもっと走ってはいるんだけれどもスマホで計測していないメンバーもいたりとその内容はまちまちだが、全員がほとんどぶっつけ本番だった昨年までとは全然違うことだろう。
こいつぁいいタイムが出るぜ!
(まぁ、いいタイムの“いい”ってのはそれぞれの価値観ですからね…結果は書きません)


以前にもあったが今年の同大会は日産スタジアムが改装中のため隣のグラウンドで開催された。

日産フィールド小机


やはり会場の規模が小さくなりどこからでもゴールラインが見えるわけではないため連帯感がなくなるし、何よりあのスタジアムで走っているという興奮が味わえないのは残念だった。

スタッフも未経験者が多く、特にタスキ中継地点での不手際が頻出していてヒドかった。
受け付けとか案内とか会場のテントをのぞくといいおっちゃんたちなのはわかるんだけれどもね…でもさすがに現場のここだけはしっかりした人に任せてもらいたかった。


さて。
この大会ではゼッケンナンバーでプレゼントが当たる「ラッキー賞」が設けられているのだけれども、数年前に続き今年もまた、“お米1kg”が当たったのだ!ヤッター!ラッキー!

おっちゃんたち総出で祝ってくれました

祝いの舞(ウソ)


嬉々としてチーム4名で受け付けに行き、商品を受け取ったのだが、普通は4人なのだから1kgのお米が4袋あると思うじゃない。
それがなぜか、2kg・2kg・1kgで3袋、しかも「1kgおまけだ!」のセリフ付きで用意されていた。

これ、4人で、どうやって分けるんだよ!

なぜこの組み合わせ


結局、その後寄ったスパのレストランで(フロ上がりのお酒をやりながら)わざわざ2kgのお米を開けテキトーなコンビニ袋と半分に分け、殴り合うかのようなジャンケンで取り合ったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/26

ひとりだけれどひとりじゃない

以前はさんざん「おひとりさまが苦手」と語っていた自分だというのに、最近はよく周囲の人から「毎晩おひとりさまで飲み歩いてるでしょう。」と言われる。

毎晩ではな…まぁほぼほぼ…飲み歩いている。

そして確かにひとりでお店のドアを開けている。


しかしながら自分がおひとりさまが苦手、というのは変わっていない。
今だってランチに出かける時は、時間を持て余すのが苦手で食事が済んだらさっさとお店を出るし、パーソナルスペースが人一倍広く赤の他人とカウンター横並びなんてとんでもない!と混んでいるところには踏み込めない。


それでもこうなっているのは、私が行くところはお店の人が一緒に飲んでくれるとこばかりなのだ。

だからひとりで足を運んだとしても、決して店内でもひとりでヒマを持て余していたりするわけではないのだ。


色々なお店にチャレンジして、見つけて、出会えた、そういうお店のマスターやママには度々伝えているけれども、

「我々の居場所を守ってくれてありがとう。」

心よりそう思っている。


以前同世代たちと酔っ払いながら定番の“最近の若者論”になった時、
「最近の若者は、飲み屋での失敗をしたがらない。何でもインターネットで事前検索し、雰囲気や勢いでどこかに飛び込むことなんてないのだ。」
と盛り上がった。

もしひとりをこじらせている若者がいるならば、たくさん失敗して、自分の居場所は自分で切り開いてみようと伝えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/25

BJデスマッチ大復興の兆し

今夜の大日本プロレス後楽園ホール大会のメインイベントは、新春2日に壮絶なデスマッチをくり広げ改めて始動した“CrazyLovers”が、アブドーラ・小林伊東竜二組に挑んだタッグタイトルマッチだった。

とにかく小林×竹田というのは、

「コイツにならもう何やったっていいや!」

って雰囲気で必ずスイングする。


この試合でも、お互いの頭にフォークを刺し合い、
小林は竹田を背中からフォークの山に落とし(全部背中に刺さった)、さらには大量の蛍光灯を無造作に投げつける。

フォークボード!

蛍光灯やりたい放題


竹田は竹田で小林を五寸釘ボードの上にジャーマンでブン投げ、さらにはその上で腕ひしぎ十字固めを極めながらノコギリでギィコギィコと腕を引き裂くというとんでもない荒技でレフリーストップ勝ちをおさめ戴冠、2冠王者となった。

レスリングのベースが竹田の強み

腕、落ちちゃう!


パートナーの伊東・塚本の存在感が皆無だったのは残念だったが…
とにかくこの2人のインパクトがスゴくて、特に竹田の狂気と充実っぷりはまさに“竹田無双”、長期政権を強く予感させるものであった。


今まで下の世代とのタイトルマッチが多かったデスマッチヘビーのチャンプであったが、やはり今回のような上の世代との対戦は刺激的。

これで今、他団体のベルトコレクションに夢中だったり自分の城のことでいっぱいいっぱいだったりと違う方向を向いている同世代までもがベルト戦線に絡んできたら…
BJWのデスマッチ、またスゴいことになるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/24

俺より強い奴に会いに行く

最近よく天気予報などで聞く「最強寒波」、その「最強」の定義がわからない。

“今シーズン「最強」”っていう意味なのだろうか。


それとも、“史上「最強」”だったりして。

だとするとここ数年毎年聞く言葉なので、その強さを更新しているのか…
温暖化といわれているはずだったのに気づけば逆に氷河期に突入していたりして、この世の中。


何にせよインパクト重視が過ぎて言葉足らずだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/23

雪だ!雪だ…。

 きょう22日(月)は、東京都心でも18cm雪が積もり(22日20時現在)、大雪となっています。交通機関にも大きな影響が出ています。
 東京都心で10cmの積雪観測は2016年02月16日以来4年ぶり、1961年以降で1月としては1978年1月3日の27cm、1984年1月19の22cmに次ぐ、3番目の積雪となります。(後略)
 (18'1.22『ウェザーニュース』

いやァ…降った!驚くほど降った!

今でも近所の飲み屋さんや家でも語り草になっている4年前の冬を思い出した。


モーレツな勢いで雪が落ちはじめた月曜日の昼以降は、ずっと仕事をしながらヤキモキしていた。

「こんな時になぜ自分はこんなところにいるのだろうか。」
「わがこの雪あそびデビューに付き合わねば。目撃しなければ。」

そればかり考えていた。


仕事を17時にブン投げて、急いで渋谷駅に急行する。
しかし駅はすでに入場制限がされていて人であふれかえっていた…。

そりゃあみなさん急ぎますか


結局、普段の3倍4倍の時間をかけてなんとか地元に着いたが、もうそのころはすっかり日が暮れ、保育園のおむかえも一足先に到着したおよめさんが済ませていたのであった…。

よう降りました…


一晩明けたら外は銀世界!

待ちに待った、登園しながらという限られた時間ながらわがことの雪あそびタイムだ。

しかし家を出た瞬間は、
「おぉー!」
と初めて見る光景に歓声を上げた彼女であったが、その後は父の渡した雪玉を2,3度触っただけで怖がり、「だっこー。」
それで終わったのであった…。

さすが環境の変化に弱いわが娘


来年また降っていただければ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/19

政治利用そのもの

 韓国と北朝鮮は17日、板門店で開いた次官級実務協議で、2月9日の平昌冬季五輪開幕式に朝鮮半島を描いた統一旗を掲げて合同入場することなどで合意した。一方で、日米外相らが南北対話は北朝鮮の「時間稼ぎ」だと警告していることについて、韓国の康京和(カンギョンファ)外相はBBCに対して、高官級の南北対話は「曇りのない目で」冷静に続けると述べた。
 康外相はBBCに対して、「我々は北朝鮮と数十年やりとりをして、対話を散発的に繰り返してきたので、北朝鮮を一番良く理解していると思う」と述べた。
 「近年は有意義なかかわりがなかったが、今回のこれはチャンスだ」、「どうして(対話が)行われているのか、理由について色々な解釈が可能だ。北朝鮮の政策決定者たちは当然ながら、計算しているだろう。しかし結局のところ、この機会を最大限に活用するしかない」と外相は対話の意義を強調した。
 康外相はさらに、朝鮮半島の非核化という長期目標について、韓国は同盟国と「完全に同じ立場だ」と話した。
 外相はさらに、北朝鮮に対する制裁の影響が出始めているなかで、韓国としては北朝鮮への人道援助を拡大したいと述べた。(後略)
 (18'1.18『BBC NEWS JAPAN』

この国際的な話題でにわかに活気づいた平昌五輪だが、完全にオリンピックの政治利用、それだと思う。

IOC、そして特に韓国は北朝鮮・金総書記の掌で転がされたカタチとなり、情けないというか悔しいというか恥ずかしいというか案の定というか…残念だ。

政府による、人気取り?平和主義?民族のしがらみ?国際社会への裏切り?

これに巻き込まれる現場の選手たちはどう思っているのだろうか。
とにかくそれが気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ネットの世界よ、成熟せよ。