2017/10/19

そこだけは貫いてほしかった

 大手自動車4社が19日、品質検査データを改ざんしていた神戸製鋼所製のアルミ板などを使った車種の安全性を確認したが、改ざんがあった鉄鋼製品などすべての部材の調査を終えたわけではない。神戸製鋼が問題のある製品を納入した企業は国内外の約500社に上り、各社が安全性などの調査を終えるにはなお時間がかかる。神戸製鋼はハードルを一つ越えたに過ぎない。
 自動車や航空機、新幹線などを製造するメーカーは、神戸製鋼から直接購入しているアルミなど金属素材だけでなく、取引先が加工して納入する金属部品なども安全性を確認する必要がある。自動車メーカー幹部は「確認作業は数週間かかるのか数カ月かかるのか、全く見通せない」とため息をつく。
 神戸製鋼の梅原尚人副社長は「(自動車など)最終製品の安全性には影響しない」と説明したが、別の自動車メーカー幹部は「私たちは消費者の安全を担っている。軽々しく安全性に影響しないと言ってほしくない」と憤り、「安全性に問題があれば当然、費用を請求する」と話す。
 影響は海外にも広がっている。欧州航空安全庁は航空会社に対し、代用が可能な場合は安全性が確認されるまで神戸製鋼製の部材を使わないよう勧告した。米司法省も、神戸製鋼側に資料の提出を求めるなど調査に乗り出している。米企業では、航空機メーカーのボーイングや自動車メーカーのゼネラル・モーターズなどが部材を使用しており、司法省が悪質だと判断すれば、罰金の支払いを命じられる可能性もある。
 過去には自動車部品メーカー「タカタ」がエアバッグの不具合を巡る問題で、罰金など計約1100億円を支払うことで米司法省と和解した。日本企業と取引する米企業は高額の賠償金を求める傾向にあり、「国内よりも米企業の出方が心配」(関係者)との見方も広がっている。(後略)
 (17'10.19『毎日新聞』

三菱自動車タカタ東芝日産自動車、そして神戸製鋼

日本の製造業が、日本が今まで海外に胸を張ってきた“メイドインジャパン”が、自らの首を絞め自ら破滅の道をたどっているのはイチ企業の問題にとどまらずこれからの国益や信用問題として考えても大問題であり大打撃だと思う。


隠蔽や、不正、偽装。
どこに忘れてしまったのか真摯さマジメさ…これだけは日本人の、日本企業の根底に流れている魂みたいなものだと思っていたのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/18

いつまでもシブいもの

山梨へ(父方の)里帰りしていた父母が、通り道だからと職場の近所まで来てくれて田舎のカキをくれた。

だれん家のカキ?


そういえば元気な頃夫の実家に帰る時いつも渋柿をかじったようなシブい顔をしていた母だったが、脳の病気をした今見てみたら…やっぱり同じシブい顔をしていた。

色んなことを忘れても、こういうことはしっかり覚えているのだね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/17

これは戦

 タレントの山田邦子(57)が17日、自身のブログを更新し、12月に決勝が放送される日本テレビ系「女芸人No.1決定戦 THE W」への出演を取り止めた理由を明かした。
 山田は「女芸人NO1」のタイトルで記事をアップし、「がっかりしました やる気満々だったのに」と吐露。「おととい予選参加の時は¥2000払ってくださいと言われ まさか?と思いお金払って出るの?もしかしてこの番組、出演料あるの?と聞くと………優勝賞金のみです………と。ほほう?スポンサーついてるのに?審査員や司会者は、おそらくギャラがあるのに?」と戸惑ったことを告白した。

 さらに「ま、まあ、いいでしょう、じゃあ、あと芸人は誰が出るの??アマチュアや研究生です、と?え?芸人は?まだわかりません、て。私の名前は、とっくに発表になっているのに?何じゃそりゃ」とさらに不信感を持ったことを明かした。
 続けて「残念だなぁ。予選のネタもかなり面白いのを考えていたのにぃ。ただ名前が宣伝に使われただけかがっかりだ」と失望感をにじませていた。
 (17'10.17『スポーツ報知』

「女芸人No.1を決める」として、もちろんその間口を広げてプロアマ問わず多くの参加者を募るのはいいことだと思う。まさに看板に偽りなしだ。

しかしその一方で一時代を築いたレジェンド・山田邦子を出場者として擁立するのならば、それに見合う対戦相手も必要なわけで、そこでその発表が遅れてしまったことは賞レースとしては不公平になってしまった。


今彼女が第一線の舞台で通用するのかといういぶかしい気持ちがあった一方、彼女が芸人としてのプライドを持ちこの大会に際して本気だったという証明を見たような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/16

フルーツの目的とは

 桃、すいか、ぶどう、さくらんぼ……。色とりどりの果物がスーパーの店頭に並ぶ時期になった。果物は季節感豊かな味覚だが、若者が口にしなくなっている。
 厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、果実類の平均摂取量は20代が1人1日約61グラムで、60代の半分以下。20代の58%は摂取量ゼロ、「フルーツレス」だ。
 農協系のJC総研の「野菜・果物の消費行動に関する調査結果」でも似た傾向だ。果物を食べる頻度が「週に1日未満/食べない」と答えたのは、30代で43%、20代以下で55%。青柳靖元・主席研究員は若者のフルーツ離れの傾向について、「年々強まっている」とみる。
 東京都内の会社員・兒玉裕輝さん(32)は一人暮らしで、バナナを時々口にする程度。他の果物を食べない理由は「包丁を使うのが面倒くさい。手も汚れるし、ゴミも出る」という。(後略)
 (17'6.27『AERA dot.』

自分も20代の頃は完全に上記のように「面倒くさい」という理由で果物をほとんど口にしていなかったと思う。

30代前半でも同じ、結婚してもそれは変わらなかった。


しかし殊最近はフルーツに囲まれている。

それは、子どもに食べさせるために買うからだ。

また、親戚筋、友人、両親などからも、「家族でどうぞ」「孫にあげて」といただく機会も多くなった。


そういえば自分が子どもの頃もよく食べていた。

今思うと、あれは親のほどこしだったのだ。


フルーツというものは、家庭において大人が子どもに食べさせるものなのだ。

若者のフルーツ離れなんてのは元々あったもので、今さら問題視されている原因は貧困化なんかではなく、社会の晩婚化や少子化や孤独化というすでに現在進行形で語られている問題の影響でフルーツの出荷が減っているということなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/15

雨だから休もう

 「セCSファーストS・第2戦、阪神6-13DeNA」(15日、甲子園球場)
 阪神が雨中の決戦に敗れ、1勝1敗のタイとなった。CSファイナルS・広島戦(マツダ=18日から)進出は、16日の第3戦に持ち越しとなった。
 試合前から雨が降り続き、グラウンドには水たまりが生じる中で第2戦は行われた。試合後、杵渕和秀セ・リーグ統括が強行開催について説明した。
 「クライマックスという試合の性質も考えまして、判断させていただきました。大変なコンディションでしたけど、できるだけ試合を行うというのが基本だと思いますので。また、試合をやったからには審判の方は九回を目指すというのが基本ですので。中止で次のステージに進出するとか、普段とはまた違う要素もありましたので、とにかく試合を行うということを一番に考えて判断しました」。
 約1時間遅れで開始した試合は、厳しいコンディションの中、通常ではありえないようなプレーも発生する中でフルイニングを終えた。
 (17'10.15『デイリー』

全くもってヒドい試合だった。

イヤ、ヒドかったのは選手やプレーではなく、コンディションとその開催強行について。


もちろんもう後がないベイスターズのことを考えたりプロスポーツ興行としてのことを考えると、中止にしたくないということは重々わかるのだが、
あの悪天候の中試合をさせて、当の選手が体調を崩したり、ケガなどを負ってしまったら元も子もないと思うのだ。

今回ばかりはNPBの決断の方向性が間違っていたとしか思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/14

コーナーを濡らす無情の雨

1週間前から家族全員で天気予報とにらめっこしていた。

10月14日、今日がわがこの保育園の運動会だったからだ。


まぁよちよち歩きとハイハイの我がりす組(0歳児クラス)は走ったり跳んだりする訳もなく、園庭で親にだっこされたり手をつながれながらクルクル踊るくらいのものなのだが…

それでも人生最初のハレの日、気合も入るというものだ。


さらに晴れよ晴れよとの思いを加速させたのは、雨天順延の場合の予備日に私に仕事が入っていたこと。

なので何が何でも今日に開催してもらいたいと願っていたのだ。


 きょう(土)は太平洋側を中心に曇りや雨のスッキリしない天気となるでしょう。また、この時季としては涼しくなりそうです。お出かけは、雨具と上着をお持ちください。
 日本の南岸には秋雨前線が停滞しています。午前中は、東日本や西日本の広い範囲で雲に覆われ、所々で雨が降るでしょう。午後は、次第に雨の範囲が広がります。夕方以降は、北日本でも雨の降り出す所がありそうです。激しく降ることはないですが、長い時間降ることによって土砂災害が起こる可能性があるため、注意が必要です。
 予想最高気温は、25℃に届かない所が多いでしょう。この時季としては低く、涼しくなりそうです。お出かけを予定している方は、雨具と上着をお持ちください。(気象予報士・石上沙織)
 (17'10.14『ウェザーマップ』

しかしながらそんな思いをも流すような朝からの雨…。

ふてくされて昼前からお酒を飲んだ。

やけ酒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/13

住民票を出しつつ生ガキ

狛江市役所内にはオイスターバーがある。

ジャックポット狛江


安いありがちな食堂でもなく、大衆的な飲み屋さんでもなく、
さらには多摩川が観光資源の狛江で突然カキ…ってところが不思議でおもしろいところだ。


“ジャックポット狛江”

広い店内はカジュアルで、場所柄も相まって幅広い客層。
子連れでも大丈夫。

子どもイスもあります


厨房も広くて何でもできそう。

自前の窯があるのでピザやフォカッチャがしっかりしていた。
“地のもの”狛江野菜も扱っているそう。
もちろんお酒もワインからハイボールまでちゃんとある。

そして肝心のカキも、おいしかった…のは、実のところ自分はあまり得意でないので連れの言葉だ。

産地は…えーと…


朝から夜まで開けていてくれるし、とっても使い勝手がいいお店だ。

気軽に行けます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«1歳2ヶ月報告